現在15歳、当時13歳の中学1年生が誘拐、監禁されていた事件をご存知でしょうか?

事件は、埼玉県朝霞市で2014年3月に起こった。下校後に行方不明になっていた女子中学生が、東京都中野区内で約2年ぶりに保護された。女子生徒は警察に「男と一緒にいたが、男が外出した隙に逃げてきた。常時、監禁のような状態だった」と話しているという。埼玉県警は未成年者誘拐の容疑で男の逮捕状を取り、捜査本部を設置した。

女子中学生誘拐事件

埼玉県警は28日、未成年者誘拐の容疑で逮捕状を取り、公開指名手配した中野区東中野3丁目、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)を静岡県伊東市内で見つけ、身柄を確保したと発表した。

埼玉県警によると、寺内容疑者は首の右側に切り傷があり、静岡県伊豆の国市内の病院で治療を受けている。命に別条はなく、会話できる状態だといい、調べに「カッターを使った。自殺しようとした」などと話している。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

中野から伊豆へ移動したのは逃走しようとしていたのではないだろうか?
自身が口にしているが、本当に死のうと思ったのか・・

魔の手から子供を守る

”女子中学生誘拐事件”のような災難が、皆さんのお子さんにも起こりうる可能性は十二分にありえます。事件にあって欲しくはないのですが、この世には欲にまみれた鬼畜、無法者は多く存在するのです。

子供を連れ去るために、無法者はあらゆる手を使って連れ去ろうとします。その手口をまず頭に入れ、”魔の手”からお子さんを守るために知っておきたい”対処法”をご紹介します。

”魔の手”その手口とは・・

気を引いてくる

「面白いゲームがあるので一緒に遊ぼう」「お菓子があるから家に来ない」「かわいい子犬、子猫がいるから見にこない」などと甘い言葉をかけて誘うパターンです。

”誘拐”に関する社会実験動画

出典 YouTube

「子どもの誘拐」に関する社会実験動画 「CHILD ABDUCTION (SocialExperiment)」です。YouTubeやVineで人気のJoey Saladsさんが、子犬1匹だけで”いとも簡単に”子供の気を引いています。

助けを求めてくる

「道に迷ってしまったから案内してくる?」「重い荷物を持ちながらで道が解らないので教えて」などです。

子供はとても優しく、人を助けたいという気持ちを持っています。「道に迷ってしまったので教えてほしい」と声をかけられて「やだ」と答える子はとても少ないです。
私も何度か道を尋ねた経験がありますが、100%の割合でみんな丁寧に教えてくれました。
とても素晴らしいことですが、悲しいことに、これにつけ込む悪い大人が多いのです。

出典 https://latte.la

緊急を装う

「お父さんが事故に遭って大変だ、一緒に来て」、これは中学生女子を誘拐した時に使われた手口で、「お父さんとお母さんは離婚を決めたので一緒に来て」などです。

「知らない人についていってはダメ」と教えている人が多いと思います。私もよく伝えていました。
でも、子供にとっては何度か近所で顔を見かけたり、挨拶をしたりすると、名前を知らない人でも「知っている人」「友達」になってしまうのです。そして親や友達の名前を出されたりすると、疑うことなく付いて行ってしまうことが多いのです。

それほど親しくない身内や知り合い程度にも気を配りましょう。

出典 https://latte.la

誘惑

「かわいいね」「モデルの仕事をしない?」「お金をあげるよ」などと誘惑をしてきます。

危険性を教え込ませる

どのようにして子供に危険性を教え込ませるのかなのですが・・
それは危険を避ける行動を“具体的に”教える」「親子で”練習”をする」の2点が重要であり、それを含めての対処法をご紹介します。

対処法1

「知らない人」という表現ではなく「ママとパパが知らない人」「名前を知らない人」など、詳しい伝え方をしましょう。そして「家族以外の大人の人と二人きりになってはダメ」と教えましょう。

出典 https://latte.la

「知らない人」では不十分なようです。
誘拐の範疇外になりますが・・
特に女の子のお子さんをお持ちの方に気をつけていただきたいのが、身内によるいたずらが多いようです。二人きりになりそうなときはトイレに行く、別の部屋に行くなどして身を守らせることが大事なようです。

対処方2

道を教える場合は必ずその人から2歩ぐらい離れた場所から教えること。地図を持っていても近寄ってはいけません。
「この人、なんだかいやだな」と思った場合は「ごめんなさい。わかりません」と謝って、すぐにその場を離れることを伝えてください。大切なのはその場を想定した練習です。「ママが病気で入院したから、一緒に病院にいこう」という話を、ちょっと知っている人から話しかけられた場合などを想定して練習をしてみましょう。すぐに信用するのではなく、パパやおじいちゃん、おばあちゃんなどに確認をしてみる、などの行動を起こさせるように促します。

出典 https://latte.la

話しかけられた場合を想定しての練習が必要なようです。
更にすぐにその場を離れることの重要性を教えることが大切のようです。

対処法3

車から声をかけられた場合は、ドアの開く弧の側にいるのではなく、ドアのちょうつがい側、車体ななめ前方から話をするなどの場所確認をさせましょう。
そちらに立っていれば、ドアが開いても引きずり込まれにくくなります。
車体の前方にいる場合は車にはねられる危険性があるので注意です。スライドドアの場合は引き込まれやすいので注意です。車から話しかけてきた相手とは、とにかく離れさせましょう。実際に車で練習すると効果的です。

出典 https://latte.la

やはり車を使っての練習が必要なようです。
近づいてきた車と車間を空ける、離れることの重要性についても教えてあげて下さい。

対処法4

子供だけではなく、大人も使える簡単な小技をご紹介します。
それはズバリ「腹の底から地鳴りのような大声を出す」です。実際に防犯授業で教わったのですが、捕まりそうなとき、捕まってしまったときに有効な手段です。小さな子供から大人までできる非常に効果的な防御方法です。お腹の底に力をいれて、喉をひらいて息を吐きだしながら、「オオオオオオオオ!!!!!」と地鳴りのような声を出してみてください。「ワー」とか「キャー」だと犯人が喜んでしまうケースもあり、周囲にも響き渡りません。そのため甲高い声より、先ほどお伝えした地鳴りのような大声を出してください。
悲鳴よりも何十倍も大きく響き渡りますし、異常な声として犯人が本能的に恐怖を覚えることもあるのです。

出典 https://latte.la

甲高い声ではなく、”低い地鳴りの声”が有効なようです。
近所の迷惑にならぬよう注意し、こちらも練習を行って下さい。

対処法5

子どもの持ち物を見て、外からわかる場所に名前が書いてあれば、子どもを狙う悪い人がそれを悪用することも考えられます。「○○ちゃん」と親しげに話しかけられると、子どもの警戒心が緩んでしまうものです。ランドセルや帽子、上履き入れなど、子どもが持ち歩くものに名前を書き込む際には、外から見てすぐにわかるところは避けましょう。ランドセルに付けた防犯ブザーや定期入れなどの裏側に名前を書き込んでいる子も見かけますが、向きによっては簡単に名前がわかってしまいますから、気をつけてくださいね。
また、お子さんの持ち物だけではなく、玄関の表札、家の外に置いてある自転車や遊具などから、お子さんの名前や住所などの個人情報が漏れる可能性があります。不用意に個人情報を外に漏らしていないか、総点検してみましょう。

出典 https://latte.la

中学生女子誘拐事件で保護された少女も、誘拐時に”実名”で呼ばれたと証言しています。どこから情報を得たのだろうか?遊具なども家の外に置くのは避けた方がよさそうです。誘拐犯はどこにでも潜んでいると考えて下さい。

おわりに

略者誘拐の8割以上が子供というデーターがあり、常日頃から子供の周囲には危険が潜んでいると注意する必要があります。対処法としては、上記にまとめたように「はっきりと断る」「近づかない」「逃げる」「ひとりにならない」を徹底することが大切です。

防犯シュミレーションも親子で行い、防犯ブザーや催涙スプレーなどを携帯させるのも良いでしょう。皆さんのお住まいの地域で目撃された不審者情報や声かけの事案を知るためには、自治体や警察が配信する犯罪情報メールに登録しておくのも良いので検索して下さい。

大人が口酸っぱく言っても、子供はよく理解していないという事を頭に入れる事が大切です。

この記事を書いたユーザー

shadow このユーザーの他の記事を見る

色々と情報を発信していきますので 気にかけていただければ幸いです。 読書、音楽(雑食系)、サッカー、野球、格闘技好きです。

病気(手術、治療の繰り返しにも拘らず病名が付かないため難病指定にならず・・)を患い闘病中、今年で21年目です!

難病で苦しむ方々を応援します。 宜しくお願い致します。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • グルメ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス