3月29日、2018年ロシアW杯のアジア2次予選の最終戦、日本vsシリアの一戦が、ホームの埼玉スタジアムで行われました。

そんな中、サッカーに関する最新の情報などを公開している、あるTwitterアカウント(@soccernewtvp)が、シリアのゴールキーパーが完全にバレーボール選手だったというツイートを投稿しました。

キーパーがバレーの選手?

なんて思いながら投稿された動画を見てみると…

出典 https://twitter.com

シリア代表GK(ゴールキーパー)の「イブラヒム アルメ」選手。

出典 https://twitter.com

持っているボールを高々と上げると…

出典 https://twitter.com

見事なサイドハンドサーブ!!

出典 https://twitter.com

これは見事にほぼバレーボール選手ですね…。

動画でもどうぞ。

これには、試合の内容よりも盛り上がりを見せる!?

すげー(笑)

驚かずにはいられない…。

(笑)

たしかにカッコいいですね。

キーパーの方ですかね?是非練習してみてください(笑)

既に実践している方もいるようですね。むしろこちらが元祖?

出てきそう(笑)

みなさん、試合内容よりも印象に残ったのではないでしょうか(笑)

試合は、コーナーキックからのオウンゴールや、香川真司選手(ドルトムント)のボレーシュートなどで、5-0の圧勝で終了しました。

既に2次予選突破は確定していた日本代表は、これにより1位通過でアジア最終予選を迎えることになりましたが、それ以上に気になる(?)バレーボール選手のようなシリアのゴールキーパーの映像でした(笑)

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス