まずは内羽・外羽式をおさらい

紳士靴には内羽式と外羽式のタイプがあります。この二つは言葉にすると微妙な差ですが、実際に見ると機能的にも受ける印象も全然違います。

外羽式・・・甲より前の部分に鳩目(紐を通す穴)の部分が乗っかっている状態の紐履の事で羽根の部分が全開する。機能面では、着脱が容易でフィット感の調節もしやすいのが特徴。別名「ダービーシューズ」。

内羽式・・・甲より前の部分に鳩目の部分が潜り込んでいるのが特徴。羽根は下で塞がれています。機能面では着脱やフィット感の調節はしにくいものの、昔から王室などの靴として普及してきたのもあり、フォーマル感が強いです。
以上を踏まえて、縫い目や飾りのデザインが代表的な物を紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

種類別に紳士靴を紹介

ストレートチップ

革靴の表面に一文字の縫い目があるのが特徴。後述するプレーントゥと同じくスタンダードなデザインです。チップとは縫い目を指します。男性の方は1足は持っておきたいシューズです。イギリスでは「キャップトゥ」とも呼ばれます。フォーマルなシーンでも使用出来ます。画像は内羽式のタイプです。

ストレートチップ内羽式

プレーントゥ

革靴の表面に何も飾りや縫い目がないシンプルなデザインが特徴。紳士靴の一番基本的な形であり、最もフォーマルな形なります。ドレスコードの厳しいシーンでも一番外れがありません。それだけに、素材の善し悪しが一番分かりやすいです。画像は外羽式のタイプなので上記のストレートよりもカジュアル寄りです。

プレーントゥ外羽式

ウィングチップ

革靴の表面にパーフォレーション(飾り)を施し、翼が「W」のように広がって見えるのが特徴。クラシックでドレッシーな印象です。トリッカーズなどが有名で元々ワークブーツがルーツで穴は悪天候で雨に濡れても乾きやすい様に施されたものです。最近はビジネスで使っている方もいますが、ややカジュアル寄りです。

ウィングチップ

モンクストラップ

元々は修道士(モンク)が履いていたベルト式のシューズです。ベルトが1本のものは「シングルモンクストラップ」(画像左側) 2本のものは「ダブルモンクストラップ」(画像右側)と呼びます。紐ではなくベルトで調節するので面倒くさがりの方に最適。キチッと感も出せるので、サラリーマンを中心に脚光を浴びています。

ダブルモンクストラップ

シングルモンクストラップ

Uチップ/Vチップ
文字通り縫い目がU字とV字になっているシューズの事です。Uチップ(画像左側)は甲の部分がモカシン縫いと呼ばれるU字型の縫い目があり、Vチップ(画像右側)は爪先が少し尖っているのが特徴で、縫い目が縦割りになっているので「Yチップ」と呼ばれることもあります。こちらもカジュアルよりで、最近女性に人気の流行りの「おじ靴」は大体コレ。

Uチップ

Vチップ

まとめ

いかがでしたか?これから社会人デビューされる方は最低3足揃えておくと長持ちしますよ。また、手入れする事で年配の方や上司からデキル奴だと思われるキッカケになります。是非参考にしてみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

はちぱっく このユーザーの他の記事を見る

3匹の猫と暮らしています。
販売の仕事に携わる傍ら、ハンドメイドのネットショップも運営という
二足のわらじを履いています。
よろしくお願い申し上げます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら