スキレットでも話題になったダッチオーブン!

出典ぽんたす撮影

ダッチオーブンに引き続き、スキレットとしても話題になったお鍋!
実際に手に取ってみると、重たいし、でかいし、どうしたらいいのさ!となることが多いと思われますが、スノーピークのコンボダッチデュオは小さ目かつお米が炊ける機能があるすばらしさを搭載しています!

今回は、スノーピークのコンボダッチデュオをご紹介いたします!

コンボダッチデュオは燕三条の技術で作られていた!

出典ぽんたす撮影

燕三条は、鍛冶の伝統や鎚起銅器など歴史ある産業が連綿と伝承され、近年では利器工匠具や金属洋食器、金属ハウスウェアなどに発展し、国内はもちろん、世界各国に誇る数多くの製品を創り出しています。

出典 http://www.tsubamesanjo.jp

燕三条とは、鍛冶産業を伝承し伝統ある技術を駆使した最高の製品を作り出しているそうです。スノーピークのコンボダッチデュオは、そんな燕三条の技術で作られているそうです!

コンボダッチデュオのセット内容はコチラ♡

出典ぽんたす撮影

さて、コンボダッチデュオのセット内容はコチラです。
左から、収納袋・フタ・スキレット2枚・少し深めのスキレット1枚・ダッチオーブンが1個・フライパン用取って2個・レシピです!

ダッチオーブンは小さめですが、お米は3合炊けます!

お米が炊けるメモリ付き!

出典ぽんたす撮影

お米の目盛りと、水の目盛りがあるため、お米を図るための道具は必要ないのです!
素晴らしい機能ですね!
炊きたてのご飯は美味しいですが、高火力で炊いたご飯は本当においしいです!ガスコンロで使用する際は、吹きこぼれますので2合くらいで炊いたほうがいいかも。
ガスコンロによっても炊き時間が変化します。
なので、「はじめちょろちょろ中ぱっぱ」は完全無視でOKです。

熱をため込むまでに時間がかかるので、どちらかというと「はじめぱっぱであとちょろちょろ」のほうが成功します。ぐつぐついってくると吹き出しそうになるので、ちょっと火加減を弱めてみるなどの工夫をしつつ、湯気が出てきたらそれをクンクンしてみてください。

ちょっと、焦げ臭い感じがしたらおこげができている証拠です!
火を消してOKです!
その後、蒸らし時間が15~20分くらいでお米が炊けます!

ちょっと深いスキレットっぽいもの!

出典ぽんたす撮影

少し深くなっているスキレットっぽいものもセットになっていました。
スノーピークのコンボダッチデュオは、シーズニングが必要ないので使用開始がとても楽ちんです!ちょっと汁物を作りたいときには、こっちのほうが便利かも♡

スキレットが2個もセットになっている!

出典ぽんたす撮影

話題のスキレットですね!
2個ついているので、色々と使えます!
デザートにもできるし、おかずもパパッと作れちゃうし!
片付けも簡単!

思いのほか焦げますので、しっかりと油を引かないとガッチガチに設置している面が真っ黒焦げになります。しっかりと油を引いて、火加減調整をして楽しみましょう!

もちろん、蓋つき!

出典ぽんたす撮影

フタがついているというのは、お料理の幅が広がりますね!
重要なアイテムです!

ダッチオーブンには、フタが重要ですね!

出典ぽんたす撮影

ダッチオーブンには、もちろん使用できます!
蓋も熱くあるので、蓋を取るときはミトンが必要です!
それも普通のミトンじゃ熱すぎて持てないので、ちゃんとした皮のしっかりしたミトンを使用しましょう!

取っては取り外しができるので便利!

出典ぽんたす撮影

薪ストーブ使用者であれば、五徳をストーブ内に設置して、中で調理するともあると思います。そんな時に取っ手がついたままだと、ドアを閉めるのも大変ですし、取っ手が熱くなって持てないという事態になります。

取っ手が取れるタイプのフライパンというのは、本当に便利なのでオススメです!

取っての持ちやすさはGood!

出典ぽんたす撮影

しっかりとしているので、取り外しタイプの取ってでも不安なく持ち上げられました!

フタは全種類に対応している!

出典ぽんたす撮影

フタは全種類に対応しているため、別途必要ということはありません。
スノーピークは色々なサイズが規格的に決まっているため、様々なアイテムに使いまわしができる設計が多いです。
そういった面の配慮も、使用者側としては嬉しいですね!

スキレットにも対応!

出典ぽんたす撮影

スキレットにも対応しているので、使い勝手が広がりますね!

実際に作ってみた!スープ、ウマウマ♡

出典ぽんたす撮影

実際に焚火を使用してスープを作ってみました!
意外なほど焚火の火力は強いようで、ぶら下げていても直下ではなくそばに置くくらいにしなければ吹きこぼれました。

大きめに野菜を切ってもしっかりと中に火が通り、ホクホクに煮えました!
野菜嫌いの子でも食べるんじゃない?と感じるくらい、とってもおいしかったです♡

使用後は、洗剤を使用せずごしごしと水だけで洗い、しっかりと乾かして(鉄鍋と同じ)、最後にサラダ油などを薄く引いて全体的に塗って保管すると良いそうです。
鉄なので濡れていると錆びます。
洗ったあとは、しっかりと火にかけて乾かしましょう!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス