引越シーズンが到来していますが、転居を機に新調したいアイテムが、バスタオルやフェイスタオルといったリネン類。オススメの国産タオルをご紹介します!

3月も下旬に入ると、都内のあちこちで引越し会社のトラックを目にします。転居を機に新調したいアイテムが、バスタオルやフェイスタオルといったリネン類。
先日のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」でも、リンネル公式通販「kuraline」で扱っている「kontex(コンテックス)」のアイテムをご紹介しました。

出典 http://kuraline.jp

kontex/フラックスライン フェイスタオル

国内のタオル生産地として有名な愛媛県今治市に拠点を置くメーカー、「kontex」は1934年創業。シャトル織機をはじめ、伝統的な機械を使ってタオル地を生産しています。現在、市場に出回っている織機の1/3程度のスピードで織り上げるため、糸に負担をかけずに布地が完成。自然と、ふんわりやわらかな生地が出来上がるのです。

こちらの「フラックスライン」はパイル素材とガーゼ生地の二層構造。肌に触れるパイル部分にはオーガニックコットンを100%使用しました。
カラーは「エンジ」と「ブルー」、「ネイビー」、「ピンク」の4種類。
吸水性と速乾性に優れているため、約34cm×約80cmの「フェイスタオル」なら枕カバー代わりに使うのもオススメ。軽いので、ジムやプール用としても適しています。

出典kontex/フラックスライン バスタオル

http://kuraline.jp/?pid=99009989

この「フラックスライン」、リンネル公式通販「kuraline」に全3種類が並んでいます。「バスタオル」は約60cm×約125cmと大きめのサイズで、塗れた体をしっかり包み込んでくれます。

出典 http://kuraline.jp

kontex/フラックスライン ゲストタオル

タオルハンカチ感覚で使える「ゲストタオル」もそろっています。一般的なハンドタオルより、やや大きめの約34cm×約34cm。携帯用にも、キッチンや水周りで手を拭くために備えておいても便利です。

実はこちらの「kontex」のタオルは、リンネル公式通販「kuraline」バイヤーの早川がプライベートで愛用しているアイテムのひとつ。通常、タオルはお洗濯を繰り返す度に弾力性がなくなり、物足りなさを感じていくもの。ですが、この「kontex」は、肌触りの柔らかさも吸水性も衰えないそうなんです。ゴワゴワ触感とは無縁の使い心地に、もう他のタオルには浮気できない!と早川も大絶賛しています。(早川のバイヤー日記、「使ってよかったモノを選ぶ-kontexのタオル」も併せてご覧下さい)

一度使うと手離せなくなりそうな「kontex」のふわふわタオル。オーガニックコットンを使用しているものとしてはお手ごろな価格なので、家族全員分もお財布にやさしくそろえられそうです。引越の予定がある人も、リンネル公式通販「kuraline」でチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス