ベッキーの不倫騒動に始まり今年はやたらと不倫の報道が多いですね。そんな中乙武さんの不倫についてタレントの武井壮さんのコメントが正論ですごいと話題になっています。

結婚しようが離婚しようが付き合っても別れても、確かに全部個人の問題ですよね…。

当たり前のように連日報道されていますが、そこまで報道する必要はあるのかと思ってしまいますよね。

この武井壮さんのコメントは正論すぎるくらい正論ですよね。

他国では石打ち刑もあるくらい不倫はもちろん悪い事

武井さんも言っていますが、もちろん不倫や浮気は悪い事です。訴えられれば、刑罰こそない物のごっそり慰謝料を持っていかれる事は言うまでもありません。

ちなみに他国の事情を覗いてみましょう。

お隣韓国では最高懲役2年の刑罰がある犯罪行為
フィリピンでは最高6年の禁錮刑であり、更に不倫の現場に遭遇した不倫をしてない方の配偶者が逆上して殴っても罪にならないのです。
ちなみにイスラム圏の国では今でも石打ち刑という下半身を生き埋めにして上半身に石をぶつけて殺すという死刑が残っている国も多くあります。

そのくらい不倫は悪い事なのです。

しかしながら昨今の報道は…。

悪い事なのはそうなのですが、昨今の不倫の報道はやり過ぎではないかと思います。特に週刊文春はそれ犯罪ではと思われるレベルの事を平気で取材と称して垂れ流している気がします。

議員の宮崎氏のような場合はちょっと事情は変わってくるかもしれないが、ベッキーさんや乙武さんなどの場合は一タレントである(乙武氏の場合は政界進出という話もあったが…。)その一タレントの不倫やら浮気を何時間も何時間もテレビで報道する事に意味があるのだろうか…?その裏に報道されない多くの事件があるのはよろしくないと思ってしまうのが一般的な感情ではないだろうか?


武井さんが言うように個人が解決する問題であり、連日にわたって報道し、公に謝るようなものではないように私は思う。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら