「バリバラ」~障害者情報バラエティー~

出典 http://www.kani-design.com

私は「バリバラ」を見るきっかけとなったのは、大好きだった松本ハウスさんが復活して出演していたからでした。
何の気なしに見始めたのですが、毎回見入ってしまう考えさせられる深い番組です。

出演者も司会の山本シュウさん以外は、身体や心に障害があるとされる人たちです。
そして、この番組に関わっているスタッフさんも同じく障害者の方たちで構成されています。

例えば、
「外国人障害者から見た日本の変なところ」
「月曜日はみんな怖い顔をして忙しそうで、助けを求めづらい」
そんな、障害者の視点に立って意見がバンバン出てきます。

そうか、そういう見方をしているのか。
毎回、納得させられます。

障害者の人ができる仕事って・・・

今は、会社で障害者枠を設けている所も増えてきました。
一般的に作業所と呼ばれる場所で働いている方もたくさんいます。
あとは、工場などでの作業も多いです。
そして、圧倒的にデスクワークをする人が多い傾向にあります。

そんな中、普段はデスクワークをしている青年「オカピー」が飲食店のウエイターに3日間挑戦する企画をバリバラで放送していたのがとても印象深いです。

聴覚障害のあるオカピーが飲食店のウエイターに挑戦!!

出典 https://www.nhk.or.jp

聴覚障害のあるオカピーは、耳が聞こえません。
読唇術で相手の唇を見るだけで何を言っているか理解することができます。
そして、口話と言って自分では聞こえない、自分の声で普通に話すこともできます。

要は、オカピーは耳は聞こえないけれど、相手の唇を見て理解し、声に出して言葉を発することができます。
この時点で、オカピーが今まで並々ならぬ努力を重ねてきたことがわかります。

居酒屋で注文を取る難しさに直面!!

すぐに、直面したのが夜になり飲食店が居酒屋になる時です。

自分がお客さんで行く時を想像するとやはり、注文はその場で同時に声に出して注文します。
あれもこれもと。

オカピーには声が聞こえないので、口々に注文されて対応に困っていました。

お客さんに自分の障害をどう説明すれば良い?

オカピーは悩みました。

自分の障害を知ってもらう必要を感じる。
けれど、お客さんはあくまでお酒を飲んだり、食事を楽しみに来ているから、どこで自分の障害を告げるべきかわからない。

ここでオカピーは工夫を凝らし、お客さんに接することを実行へ移します。

自己紹介をしよう!

オカピーは考え抜いて、お客さんを席へ案内するタイミングで自己紹介をしました。
自分の名札に
「私はオカピーです。耳が聞こえません。」
その名札を指さしながら、お客さんに自分は耳が聞こえないので、注文の際の協力を求めました。

お客さんに変化が・・・!

オカピーが耳が聞こえない事実を知ったお客さんが、みんなすぐに協力的に変わりました。

注文を口々に言うのではなく、1人が
「生ビールが3杯、ウーロンハイが2杯で」
とオカピーにわかりやすいように、まとめて伝えました。


また、自然とお客さんの方から
「手話に方言ってあるの?教えて!」
と声をかけてもらったり。


オカピーを呼ぶ時に、オカピーの耳には届かなくても
「我らがオカピー」
と声に出してオカピーに手を振ってオーダーを伝えました。

これは、たった3日間でオカピーが完全にお客さんに受け入れられた瞬間だと感じました。
ただでさえ、お酒やカクテルの名前は長くて覚えづらいものばかり。

自己紹介をしてお客さんに協力を得ることは、とても新しいことに見えました。
実際に、私はそういうスタッフさんに出会っていません。
けれど、オカピーに会ったお客さん同様、不便も感じないし、こういう協力はありだと感じました。

「また、来るからね!」

オカピーの飲食店のウエイター体験は3日間限定でした。
それでも、お客さんから
「私も手話ができたら、もっと話せたのに」
「オカピーがいるなら、また来るよ!」
という声が聞かれました。

普通たったの3日間でこんなにお客さんから愛されますか?
オカピーの懸命な姿は見ていて心打たれるものがありました。
前向きに慣れてない接客業をし、自分の障害をお客さんと分かち合えたこの経験は大きいと感じます。

この飲食店のオーナーもオカピーの活躍は想像以上で、ずっと働いてほしいとさえ語っていました。
もっと、接客業に障害がある方がいても、こうして十分活躍できることを1人でも多くの人に知ってほしいです。

お客さんの側となっても、協力することは手間でもめんどくさくもなく当たり前のこととしてみんなができる社会であってほしいと願っています。

明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス