最近はコーラなどの清涼飲料水や野菜ジュースのボトルも、ペットボトルの商品が圧倒的に多い。時には国産ワインさえもペットボトルに入っていたりする。
だから自然と我が家の飲食生活の中でガラスの瓶に入っている飲料や食品は限られてくる。
ビールやチューハイはだいたい いつもアルミ缶だし、牛乳や果汁飲料は紙パックだが野菜ジュースや炭酸飲料は当然のごとくペットボトルになっている。

それでも、瓶の商品の中で、我が家で生き延びているものはウイスキーのボトルと海外産のワインとジャムの瓶、お酢とポン酢、シャケフレークや海苔の佃煮、あとはラー油とイカの塩辛くらいなものしか思い当たらない。

そのほとんどは中身が無くなって 空になってしまえば、あっという間に何の躊躇もなく次の空き瓶のリサイクル回収の日に出してしまうのだが、カラフルなワインのボトルとジャムの瓶だけは、中身が空になったら軽く洗って保存しておく。

以前は綺麗なワインボトルや 珍しい形のものをコルクと一緒に取っておいたのだけど、しばらく飾って結局ホコリが被って来るので、ややもったいないと思いながらも使い道も見いだせずに、結局邪魔になってリサイクルの回収日に一気に全部捨ててしまった。

だから我が家で唯一、中身が空になっても生き残っているのが、ジャムの300g入りの空瓶である。
この大きさなら、アイデア次第であれこれ工夫すれば結構色々重宝する。

コーヒー豆も、袋入りのインスタントコーヒーや お茶の葉も湿気らずに保存するのに使いやすいし、自家製のピクルスや手軽に作れるキュウリやナスの漬物の入れ物としても使いやすい。
なんなら、今流行のジャー・サラダとかスムージーとかにも使えるし( ちょっと量は少なくて物足りないけど )、キャンディーやジェリービーンズみたいなお菓子や、グミなんかも入れたらカラフルに美味しく楽しめそうだ。


この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら