安倍総理、長時間労働是正へ指示

労働基準監督署が立ち入り調査する基準を100時間から80時間に変更し、残業規制を進めるという方針を安倍内閣が示しました。

安倍晋三首相は25日、長時間労働を是正するため、残業規制を見直すよう指示した。労働基準法の改正などで残業時間を制限し、違反した際の罰則を設けることを検討する。仕事と育児の両立や女性の活躍推進、過労死の防止が狙い。残業時間の上限設定の検討に加え、残業が月80時間超の企業には労働基準監督署が立ち入り調査をする。

出典 http://www.sankeibiz.jp

しかしながら、この方法では規制できるのは残業代をまともに払っている会社だけでサービス残業が横行している会社や残業隠しをしている会社に関しては何の役にもたたないのです。

サービス残業や残業隠しが増えるだけという声

残業隠しやサービス残業が増えるだけという不安の声がネットでも上がっています。

机上の空論にならなければ非常に素晴らしい事なのですが…。イタチごっことはこの事なのではないかと思ってしまいますよね…。

これ昔働いていた会社でありましたね…。その会社の場合はできる人が一人で抱え込む周りがやろうとしても出来ないけど、教えてくれないからできないままという状態でした…。

この様にサービス残業や残業隠し、仕事の持ち帰りが増えるだけじゃんという不安の声ばかりが伝わってきます。

残業隠し・サービス残業の実態は…。

取材の合間の雑談などで人から聞いた話など残業隠しやサービス残業の実態をご紹介いたします。

悪質残業隠し:立ち入り検査を逃れる為に80時間以上付けるな

こちらの会社は残業時間を予め80時間以内にしろという上司の方の指示があるようです。その会社で働いている方は、忙しい時で150~200の残業及び休日出勤があるそうなのですが…。

100時間を超えると立ち入りが入るから少なめに見積もって80時間以内にしろということだそうです。かなり悪質な残業隠しではないかと思ってしまいますよね…。

ちなみに100時間の残業とは大体1日5時間残業して休日は休むもしくは1ヶ月休みなく定時+少しの残業で働くと100時間ぐらいになります。200時間となると毎日5時間の残業+休日も同じように働くレベルです。

要するに200時間の残業をしようと思うと9時に出社して22時を回ってから帰るを1ヶ月休みなく続けると言う事です。本当に忙しい時やトラブルの時だけとかならともかく、こんな事を1年間続けていたらまともに生活できませんよね…。

ちなみに、私が聞いた曰く、
「私はまだましな方で、年末年始と盆は電話当番以外(自宅待機の事)は休めますし…」
と言っていましたが、もちろん電話当番に待機手当はつかないそうです。

これが現実なのです…。

悪質残業隠し:立ち入り調査後残業代が…。

こちらの会社は、タイムカードで時間を図っているようで、みんなしっかり来た時にタイムカードを押して、帰る時にも押してとしているそうです。ところが、ある時給料の残業代を計算してみると合わない。上司に聞いてみると、確認してみると言われたそうです。

しばらく待っていると、全社的にみんなその状態になっているようで、今、経理に問い合わせ中だからと言われて更に待っていると、全社への一斉送信メールが飛んできたので間違いだったのかと中を開けてみると…。

労働基準監督署の立ち入り調査があり、不正残業をやめて正しく付けるように、仕事は時間内に終わらせて帰れ、残業代は払わない(実際はもっと丁寧だったそうですが…。)と書かれていたそうです。

その職場は24時間の交代勤務だったそうですが、終わらなければ次が来ても終わるまでやるというのがルールでしたし、そうしないと仕事が詰まっていってどうやっても回らなくなるはずなのだとか…。

次が来ているのだから帰れと言っても職場は回らない…。それを経営陣がわかっていなかったという事みたいですが…。立ち入り調がなければ残業代もらえたのに…と嘆いていました。

立ち入り調査の為に不支給は本末転倒

立ち入り調査があるからといって上記の例のように支給しない付けさせないとなると法律や立ち入り調査事態が本末転倒な事になってしまっているのです。

ちゃんと付けているところはある意味まともにお金は払っていて、払っていない会社の方が問題なのですから…。

他にも似たような話がいっぱいあります。流石に全部ご紹介していてはきりがないので、抜粋しました。

現場を見てしっかりとした対応をしなければ、もらえていた残業代がもらえなくなったという労働者が不利益を被るだけというバカな話になりかねない問題です。しっかりと対応して欲しいものです。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス