<このページの目次>
・このすごい試みを実現したのは?
・工事中も保育園は通常営業
・子供たちや父兄、保育園の反響は?
・見学会で実際に体感してみる
・もちろん通常の見学もOK

このすごい試みを実現したのは?

神奈川県座間市で、実際に園児が登園している保育園のトイレを、建材メーカーのモデルルームにしてしまうという面白い試みがありました。

発案したのは、企画運営会社の株式会社J-NEXT(本社:東京都渋谷区)。それを、施工会社の株式会社秀和建工(本社:神奈川県大和市)が、建材メーカーであるフクビ化学工業株式会社(本社:福井県福井市)をはじめ、TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市)、 文化シヤッター株式会社(本社:東京都文京区)に声をかけ、実現したのです。

工事中も保育園は通常営業

ところでこの工事、保育園を休むことなく行われたそうです。

「お昼寝の時間はもちろん、園児のスケジュールに合わせて音を出す作業を調整し、園児が外で遊んでいる時間を見計らって作業したり、土日に工事を行うなど、園児の生活を乱さないように工夫しました」と、施工を担当した秀和建工さん。

仮設トイレも設置するなど、保育園や園児に配慮してくれるというのは嬉しいですね。

しかし、実際に工事に入らないと、そういった気遣いをしてくれるかどうかは分かりません。

良いリフォーム業者の見分け方は?

では、どうやったら良い業者を見分けることが出来るのでしょうか?

「監督の身だしなみが良いか、気遣いが出来るかですね。車が綺麗かどうかも重要です。なぜなら、道具を大切にする職人さんは、やはり良い仕事をするんです。

その逆もまた然りで、道具を雑に扱う職人さんは、仕事にもそれが現れてクレームにつながったりします。

また、見積もり金額の詳細を教えてくれるかどうかもポイントです。『一式いくら』ではなく、聞いた時に誠実に答えてくれる業者さんは信頼できますね」

そう教えてくれたのは、秀和建工の代表である中山哲夫さんです。

なるほど、確かに、汚い格好の人が家に入ってくること自体、あまりいい気分はしませんよね。

子供たちや父兄、保育園の反響は?

暗くて汚かったトイレは、改修後に子供たちから「わお!すごい!」「きれい!」「ねー、ちょっとちょっと来てママ!」と大興奮で、飛び跳ねたり踊りだしたりする子までいたそうです。

お母さんたちも、「かわいい!」「使うのがもったいないね」「おトイレ行くのが楽しくなるね」「うんちしやすいね」と大好評で、「綺麗なトイレ行きたい!」と早速トイレに行きたがる男子も多数いて、大変喜ばれたとか。

「中も見やすくなり、掃除がしやすくなった!」「色使いがカラフルで明るく感じられる。印象がガラリと変わった!」と保育園からも大絶賛なのだそうです。

改修前のトイレ

出典 http://www.shu-wakenko.jp

なんだか暗い感じですね。

改修後のトイレ

出典 http://www.shu-wakenko.jp

壁と床が変わるだけで随分明るくなりました。

見学会で実際に体感してみる

建材メーカーさんと施工業者さんが常駐して詳しく話を聞かせてくれる見学会があるそうです。

日時 2016年3月27日 11時~15時
場所 いその保育園(神奈川県座間市緑ケ丘1丁目26−6)
主催 フクビ化学工業株式会社
共催 株式会社秀和建工
   株式会社J-NEXT(お問い合わせ 03-4405-8304)

リフォームに興味のある方は、見積もりのプロがいるこの機会に、色々聞いてみるのもいいかもしれませんね。

もちろん通常の見学もOK

基本的に、保育園は予約さえすればいつでも見学可能だそうです。

ただし防犯上の理由もあり、必ず事前に連絡をしてほしいとのこと。

お問い合わせは、株式会社J-NEXT(電話:03-4405-8304/メール:info@jn1.jp)まで。

こちらもおすすめ

この記事を書いたユーザー

溜島匠子 このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。好奇心旺盛で、調べるのとインタビューが大好きです。取りあげてほしい面白い商品やサービスなどありましたら、気軽にお知らせ頂けたら嬉しいです。
宛先はtameshima55☆gmail.com(☆→@)です。

得意ジャンル
  • マネー
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら