眠れない時には羊を数える

Licensed by gettyimages ®

日本ではよく眠れない時は羊を数えると良いと言います。
しかし、私たち日本人にとって、
本当は羊を数えても意味がなかったのです!

羊数えの発祥地は、牧羊が盛んなイギリスで、眠れなくて困っていた人が「sleep, sleep」、「眠れ 眠れ」とつぶやいていたら、眠くなってきて口がうまく回らなくなり、発音の似ている「sheep sheep」、「羊 羊」になってしまった。

出典 http://mijikanazatugaku.seesaa.net

羊飼いが羊を数えていたら眠くなった?

Licensed by gettyimages ®

「羊飼いが羊を数えていたら眠くなったから」という説もあるようです。

α派が出てリラックス効果があるとも!

Licensed by gettyimages ®

さらには、「sleep 眠れ~眠れ~」というのが自己暗示の効果になり、「Sheep」の発音が、寝息の音「スィー」と近く、α波が出てリラックス効果になる。

出典 http://mijikanazatugaku.seesaa.net

英語圏以外の国では適応されないという事ですね。

『コンセント』は日本でしか通じない?

Licensed by gettyimages ®

英語の名称でエレクトリカル・アウトレット (electrical outlet)、または単にアウトレット (outlet) と言うこともある。

出典 https://ja.wikipedia.org

テレビなどのプラグを差し込むコンセント。この「コンセント」という言葉は、電気技術者の小林さんという方が命名したものなので、日本以外の国では通用しない言葉。

出典 http://www5.plala.or.jp

『byte』は『by eight』を短縮したもの

Licensed by gettyimages ®

"byte"は、コンピュータ処理における記憶容量単位で、"1byte = 8bit"であることから

出典 http://kazuo.fc2web.com

『Hello』はエジソンが発明した

Licensed by gettyimages ®

エジソンが電話を発明していた1877年に、電話口で最初に発する言葉は何がいいのかとピッツバーグ市の電報電信会社の社長に問われて「ハロー」がいいと答えたのが初出。

出典 http://playzine.jp

同時期に電話機を発明したグレアム・ベルは「アホイ」(ahoy)という言葉を提唱し、他には「なんか用?」などが使われていたそうです。

出典 http://playzine.jp

日本の『もしもし』は申す申す

Licensed by gettyimages ®

日本では『おいおい』『こらこら』が候補になりましたが、
最終的には『もしもし』(申す申す)になりました。

『こんにゃく』はdevil’s tongue(悪魔の舌)

Licensed by gettyimages ®

え!悪魔の舌?!
なぜそのような名前になったんでしょう?

こんにゃくの花がそう見えた?

Licensed by gettyimages ®

こんにゃくの花はグロテスクです。確かにそう見えますね。

いかがでしたでしょうか

こんにゃくの花は私も初めて知り、びっくりしました。
調べてみると他にもいろいろありそうで楽しいです。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 音楽
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら