喫煙生活を
やめること自体は
良いことだと思う。

ただ、
吸わないことを
自慢したくなるような
考え方でやめるのは
良くないことだ。

「必要なくなったから
しばしお別れ、
今まで癒してくれて
本当にありがとう。」
という気持ちが
こみ上げてくるまで
喫煙生活は
やめてはいけない。



吸わなくなって
タバコを毛嫌いする、
悪にする、
特別有害にする、
その考え方は
クズだと書いた。

訂正する気など
さらさらない、
クズはクズなのだ、
愛のある生き方を
真剣に考えたら
クズだとわかる。

「タバコもお酒も
ギャンブルも
男も女も
誘惑して来ない」
と書いたことがあるが、
誘惑を受ける、
ということはそもそも
自分が自分を
誘惑していることに
他ならない。



さて、
タバコをやめたら
偉いか?
または凄いのか?

冷静に、
本当に真剣に考えて
答えてみて欲しい。

もし偉いとか凄いとか
思うのであれば
残念ながらクズ、
ゴミ箱に乱暴に
捨ててしまった「愛」を
取り戻す努力を
しなければいけない。



【愛煙セラピー「2199」】 

『喫煙生活を
やめることにした?
タバコさんに
お礼は言った?
もし「ありがとう」が
心にないんだったら
今はやめたらダメ。』

2016/03/22
愛煙セラピスト
志村嘉仁

そう、
「やめたらダメ」な
人間もいるのだ。

吸わないことは
良いことなのに、
喫煙生活を
やめたらいけない
場合もある。

つまり考え方に
愛がないのなら、
喫煙生活をやめることで
「吸わないのに
有害な存在」
になる可能性が
高くなってしまう。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら