女性の利用率が3倍になったスマホアプリ

2015年に最も利用者が増えたスマホアプリが発表されました。
それはなんと『フリマアプリ』!!

その利用率は2014年には6.8%だったのが、2015年には22.0%と、なんと約3倍に!

みんなフリマアプリを楽しんでる

売る側は不要になったものをお金に変えられるし、買う側は安く手に入れられてみんなハッピー!
また、これまで主流だったオークションサイトよりも手軽で簡単に売買できるというのも人気の秘密のようです。

最近の賢い女子はフリマアプリで稼いだり、節約ショッピングを楽しんでいます。

フリマアプリって、トラブルに巻き込まれたりしないの?

個人同士でのやりとりとなると、やはり何かしらのトラブルに巻き込まれないか心配になるものです。そこで、トラブルになりそうなことと、その対策を調べてみました。


・お金を振り込んだのに、商品が送られてこない

これは、一番に思いつく不安要素ではないでしょうか。しかし、フリマアプリ大手のメルカリなどは、「一度振り込まれたお金を預かり、商品の到着が確認されてから出品者に代金を支払う」というシステムをとっているので、この問題は大丈夫そうです。



・高額な手数料がかかりそう

多くのフリマアプリは出品自体は全て無料というところがほとんどです。ラクマは売り上げ手数料も無料、メルカリは売り上げ金額の10%が手数料としてとられます。



・説明には無かった傷や破損があった

商品の説明に「◯回使用」とか「◯の部分に傷有り」と破損部分も正直に写真に撮って載せている出品者が多いですが、もしもこのようなトラブルに巻き込まれてしまった場合、メルカリでは、商品到着後「受け取り評価」というものをしなければ、出品者にお金は振り込まれないので、その前に出品者に直接問い合わせることが必要なようです。

基本的には何を打ってもOKなフリマアプリですが、サイトによって売買禁止物が定められているので、利用の際はきちんとチェックして、楽しいフリマライフを送りましょう!

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら