日本人=霜降派 米国人=赤身派

日本では、霜降りのお肉が高級だと喜ばれるけど、アメリカでは、肉の脂は健康に悪いと嫌われる。お肉大好きなアメリカ人だけど、意外な事実。だから、霜降り肉は、アメリカのスーパーでは売ってない。売っているとしたら、「神戸牛」をお肉専門店でたまに見かける程度。

アメリカで人気があるジャパニーズ・スタイル(?)の鉄板焼きステーキが売りのべに花レストランでは、牛ステーキ用のお肉の脂身部分は、客の目の前で切り落として捨ててしまう。

豚も鶏も魚も日本人は脂を好む

日本では、牛の霜降りだけではなく、トン(豚)トロなんてものが流行ってるみたいで、肉に脂が多ければ多いほど美味しい!と人気になっていてお値段が高くても、買う人多い。これもアメリカでは販売されていないし、販売してもきっと売れないと思われる。

鶏肉だって、焼き鳥で皮が人気だよね。でも、アメリカ人に言わせれば、「Just fat !」(脂肪だけじゃないか!)と驚き、わざわざお金出して脂肪だけを食べるなんて、とても信じられないという。チキンに皮がついて販売されてはいるが、皮だけの販売はしておらず、皮だけの料理も存在しない。

他にも、魚だって、日本人は脂がのったものを好む傾向があるが、アメリカ人は魚に脂を求めない。

お肉についての様々な情報

自分の体が霜降り状態にならないように

近年、海外では日本食がヘルシーだと注目を浴びているのに、日本では食文化の欧米化が進んでいます。欧米人のように肥満体の人たちも増えています。

体は食べた物からできています。たまには霜降りもいいですが、バランスよく野菜とお肉をとり、食べ過ぎず、適度に運動を心がけ、日々の健康を維持しましょう!

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら