夕方のニュース番組などは、家にいて観れる時間のある時には録画せずに、出来るだけリアルタイムで観ることにしている。
テレビ番組を録画できるハードディスクレコーダーやDVDレコーダーは、我が家に現在4台有り、どのレコーダーにも撮り溜めた様々な録画済みの番組が数多くひしめき合っている。
たとえどんなにレコーダーの数を増やそうと、テレビ画面が複数台有ったとしても、それを観るのはたった1人でしかないから、テレビばかりに時間をさけないのでおのずと録画したハードディスクの空き容量は、あっという間に残りわずかになってしまう。
また、CMを飛ばして、更に2倍速再生で早送りしながら観たとしても、毎日そればかりに時間を割けるわけでもなく、観たい録画の溜まっていく速度のほうが遥かに早い。

ドラマや映画とか バラエティや旅番組などは、ほとんど録画して後で観るし、録画するレコーダーにはCMを検出して自動的にチャプターで区切ってくれる機能が搭載されているので、録画しておいた番組はほとんど忌々しいCMを観ずに済むから、ストレスを感じないで済むが、約3時間にも及ぶ夕方のニュースを毎日録画していたのでは、いくら大容量のハードデイスクレコーダーでも、ものの2~3日で空き容量のフルスペックが埋まってしまうし、他の観たい番組が録画できない事態にもなりかねない。
だから、夕方のニュースの放送時間に間に合うように帰宅出来た日には、極力 リアルタイムで観て処理するようにしているのである。

芸能人のブログや様々な有名人のSNSに、わざわざ出かけて行って批判コメントを残して炎上させるような、何の役にも立たない非効率な時間を過ごすほど暇でもなければ、そんな馬鹿な遊びをするような貧弱な趣味の持ち主でもないし、そこまでゲスな性格も持ち合わせていないので、そのような下らないことに時間を無駄に費やすよりも、出来るだけ自分の知識を広げられるように、ほんの少しの空き時間も有効活用し、ニュースの情報も効率的に得られるようにしているのである。

ただでさえ そんな24時間の中の貴重な、しかも足りない時間を効率よく活用しようとしている前向きな気持ちを打ち砕き、ことごとく邪魔してくれるのがテレビのCMの存在なのだ。
あの憎々しい、殆んど無駄でしかない センスのかけらもないCMの数々さえ存在しなければ、もっともっと時間を有意義に過ごせるし、たとえCMを観て万が一『 あぁ、あの商品を使ってみよう。』とか『 あのクルマはカッコいいから乗ってみたい。』とか『 こんなお菓子が出たのか、今度買ってみよう。』なんて思うような有効なCMに出逢えるのは、全てのCMのわずか0.1%にも満たないだろう。

まして流れているCMの殆んどは、やれ3大疾病だのガンだの散々脅しておいて保険に加入させようとしたり、醜い赤ん坊が大股開きしている汚らしく臭そうなおむつのCM、今となっては決して通う筈もない塾や予備校のCM等々、関係なくて面白くも無いCMで溢れかえっていて、ひと昔前のセンスが良くてまた観たくなるような素晴らしい名作のCMなど皆無だということも、現在のテレビCM界の残念な状況である。
それなのに、どの番組の構成も、出来るだけCMを見せようと工夫して、視聴者が一番みたいシーンをわざわざ『 この結末はコマーシャルの後で!』とか焦らしてみたり、酷い場合は観たいものにモザイクを掛けたりしてでもCMをまたいでから観るように仕向けようとしている。

スポンサーの存在抜きで民間放送が成り立たないのも 充分承知しているが、どうせ見たくもないCMを無理矢理見せられるのなら、せめてもう少し工夫してマシなCM作りをする努力をしてほしいものだ。


この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら