いよいよ春の訪れを肌で感じられる時期になりました。

今春から次なる舞台に立ち、新たな生活を始める方も多いのではないでしょうか。

新生活を始める上で、最も重要になってくるのが「住まい」です。

一人暮らしを始めたり、結婚したりするにあたって、住まいの選択はとても大きな要素です。

ところが、契約した時にはよかったものの、いざ住み始めると暮らしづらい点が見つかってくるということはよくある話。

特に、その暮らしづらさが賃貸の決めたルールが理由だった場合、何ともやるせない気持ちになってしまいます。

そんなことにならないためにも、ここでは「実際に住んでみて、意外に苦労した契約」について見ていきたいと思います。


■1:「ペット禁止」

「ペット禁止」は、多くの方を悩ませているルールのひとつです。

住み始めた当初は何も飼う気がなかったとしても、何かがきっかけで、無性に動物を飼いたい衝動に駆られてしまう方も少なくありません。

また、マンションのオーナーの考えている「ペット」と、居住者が考えている「ペット」とが食い違っている場合もトラブルに発展しやすいです。

居住者が「犬猫以外なら平気」と考えて小動物を飼っていたとしても、オーナーにとってはそれも許容範囲外かもしれません。

認識の差を出さないように努めることが重要です。


■「女性専用マンション」

近年、若い独身女性に人気なのが「女性専用マンション」。

男性居住者が住んでいないため、安心して住めると、女性からは好評です。

しかし、こういったマンションに住んでしまった場合、彼氏ができたとしてもお家でのデートは難しいでしょう。

オーナーとしては「女性しかいない」ことをマンションの売りにしているため、彼氏の連れ込みを容認しては意味がありません。

よって「彼氏の侵入」は、初めから規約違反としているケースが多いです。

恋愛を夢見る女性にとっては、少々息苦しい契約かもしれません。


■「石油ストーブ禁止」

家族向けの大きな賃貸を、春や夏に借りた方にありがちなのが、「冬の寒さを考慮していない」ということです。

地域にもよりますが、大きな一戸建ての場合、冬は底冷えする寒さが家全体を覆います。そのため、部屋全体をハイパワーで温めてくれる石油ストーブは必須の道具ともいえます。

しかし、石油ストーブは火事の原因にもなりやすく、契約の中で使用を禁止している賃貸も多く存在するのです。

冬のたびに酷な思いをするのはいたたまれません。春夏秋冬いずれにも対応可能な賃貸がお勧めです。



このように、住み始めてからしばらく経ってから、不便に思われてしまうような契約のしばりは数多く存在します。

しかし、反対に言えば、これからの生活を事前にしっかりとシミュレートすることで、回避できる可能性もあります。

安易にハンコを押す前に、しっかりと熟考することが大切ですよ。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら