出典 YouTube

児童相談所のあり方について考えさせられる事案が起こりましたね・・・

一時保護はあくまでも一時保護なので、数か月子供の聞き取りをするために

保護されます。ですが、親類などで引き取りを拒まれたり親が拒む場合があります

素行不良と言うやつです。昔で言うヤンキーや不良君は、拒まれます。

そのまま大人になり拗ねてしまうと暴力団に入ったりします。

今回の場合本人が施設で暮らしたいという程だったのに保護せず自殺未遂

その後意識不明になり体調の変化で死亡・・・本当に残念です。

1か月だけでも本人から聞き取りすべきだったのでは?と、思います。

ただし、聞き取りに関しても児童相談所の担当官が少しおかしいと大変な事になります

今回のニュースでもやっていますが、親は「しつけ」として小学生の頃叩いたと主張しています。

ですが、子供からは、もう何も聞けないのです。親もなんのしつけかを語りもしません

これを児童相談所では、どう解釈するでしょうか?

意味も無く叩いた?それとも素行不良で叩いた?

いえ・・・すべて叩いた事は事実とされ、しつけとされる事はありません

ですので、両親は児童相談所に通所していたのでしょう

まだ良い方です。素行不良どころか暴れる子供を押さえつけそれでも暴れられ

お互いにケガをしても事件処理される場合もあります。(正当防衛は認められません)

それなのに国会では、少子化・・・少子化・・・w

恐ろしくて子供なんて育てられません・・・

児童相談所に変な疑いを持たれたり。子供の嘘で、警察にぶち込まれたりです。

そこには、DV法があり「何物も暴行・傷害の罪を逃れられない」とあり

もしも子供に包丁で襲われて仕方なく殴ったとしても親は、正当防衛にはならず

ぶち込まれます。まさに不条理極まりない話です。拘留され・留置されて。起訴されたら

99%有罪なのが、日本の司法ですので。言い訳するだけ無駄です。

言い訳すればするほど求刑が増えたりします。その時に親はどうしたら良いか?

非常に難しい究極の選択を迫られます。子供にされた事を言い続け正当防衛を主張するか?それとも?可愛い子供のために罪をかぶるか?

早く裁判を終え家族と共に(妻や他家族)子供を忘れ暮らすか。または、自殺・・・そうです。自殺する親もいると言う事です。

子供に襲われたり冤罪をかけられ出所したところで、世間からはどうみられるか?あくまでも私の主観での話でもありますが。(他案件で知り見た事をかんがみて書いてます)

今回のこの事件は、子供から施設に入りたいと言ってきていたと言う事です。
ならば施設で保護すべきなのは、確かだと思います。

何があったかは、家族の中でしか分からない事でしょう

それを公にしてほぼ毎日の様にニュースでやっている・・・
悪循環が起きているのを国や司法がいつ気が付くか・・・呆れます。

方や児童相談所の安易な保護で悲しんでる親達も居ます。
方や本当に虐待を受け苦しむ子供たちがいます。

何が本当で、何が嘘なのかを知っているのは神のみ?
でしたら、安易な法律で国民を苦しめるべきでは無いのでは?と私は思います。

医者の通報・学校の通報・児童相談所の通報

全て、主観でしか無く・・・家族が引き離されるだけの司法ならいらないと思います。

通報する方もする方で、決めつけた以上親を犯人として、冤罪をかける。これも人の性と言うのでしょうか?良くある話です。

何のための児童相談所なのか?冤罪を起こし。必要な時に必要には応じず。一人の若い命を無駄にしたのです。なのに児童相談所には、責任は無いのでしょうか?罪を・罰則を作るべきでは無いでしょうか?

しつけ?虐待?どこでどう線引きしたら良いか・・・分からなくしているのは
DV法です。DV法が正しいなら子供たちの素行不良が横行するのを黙って見ていましょう
おそらくとんでもない事に今後なっていく事でしょう。

しつけの線引きとDVの線引きが不明確すぎて冤罪や逆DVや家族間の事件が続きざまに起こっているのでは無いでしょうか?

まるでDV法と児童相談所問題が流行りの様で・・・怖くありませんか?皆さん・・・









この記事を書いたユーザー

宇佐木ラパン このユーザーの他の記事を見る

元エキストラ・モデル・役者・お笑い・制作会社ディレクター・タレントの宇佐木☆ラパン(うさぎ☆らぱん)です 

http://profile.ameba.jp/waraulapin/

アメーバでは、ちょっと有名ですw

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • 社会問題
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら