キーンと大音量で起こる耳鳴り、その原因は?

「ッキーーーーーーン」とすごい音がした、そんな経験はありませんか?
そう、耳鳴りです。

非常に不快な音で、稀に大音量でキンキン音が聞こえ、びっくりすることがあると思います。また、耳鳴りが聞こえるようになってから、なんだか音も聞き取りづらいような…といったこともありませんか?

そこで、耳鳴りの原因について調べてみました。

加齢が原因の難聴が耳鳴りの原因?

耳鳴りに悩まされるという人は大勢います。
その中でも、加齢による難聴が耳鳴りの原因である可能性があるそうです。
耳鳴りの原因自体は、耳に存在せず実際は脳の過剰反応をして、耳鳴りを起こすということがあるそうです。

過度な感度で信号をンを受診しようとする誤動作音

内耳の蝸牛には感覚細胞が詰まっています。この細胞が障害されると音を脳へ伝える機構に異常が生じ、難聴が起こります。また、実際には聞こえていないのに「聞こえた」という誤った信号を脳に送ることで耳鳴りが生じます。

出典 http://inoue-jibika.jp

加齢が原因の耳鳴りの場合、蝸牛が振動をうまく電気信号に変えられないといった症状が出ることがあるそうです。そのため、視床が上手く電波を受信しようと必死になることにより、脳自体の電波受信感度を上げてしまいます。

頑張っても電気信号届いていないとわかると、必要以上に感度を上げようとしてしまうため脳が興奮状態となるそうです。その結果、聞こえていない音を「聞こえた」と認識し耳鳴りにつながるケースです。

別信号を受信して、ノイズが音になってしまうケース

感度が高い状態の脳になってしまうと、脳内を飛び交う別の電気信号を感知しキャッチしてしまった結果、ノイズとして認識してしまうため「キーン」という音となり聞こえてしまうといったケースもあるそうです。

耳鳴りは「難聴になった」ために生じるもの

「耳鳴りのせいで聞こえが悪くなった」のではなく、難聴を起こす病気になったために耳鳴りが生じてしまうのです。

出典 http://inoue-jibika.jp

「耳鳴りが発生したことによって音が聞こえにくくなった」と感じてしまいがちですが、実際には、難聴が原因によって耳鳴りが発生しているそうです。

つまり、耳鳴りを治療するには難聴の原因を探らなければいけません。
それが加齢によるものだった場合、根本的な原因の解消は難しいかもしれませんが、加齢ではない場合は早めの対処が必要です。
もし、突然音が聞こえなくなる突発性難聴の場合は、治療開始が早ければ早いほど回復擦る可能性が高く、治療開始が遅くなってしまった場合、聴力が戻らない可能性が高くなることもあるそうです。

突発性難聴の場合も、酷い耳鳴りに悩まされることもありますので「聞こえているかどうか」というのを左右片方ずつの耳で確かめてみるものいいですね!

▼関連リンク

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら