アメリカンフットボールの最高の大会であり、アメリカ最大のスポーツイベントであるスーパーボール。毎年、数千人の観客たちが各地から開催地を訪れることとなる。

これらの人々をターゲットにした別のある種の人々も、この開催地を訪れることをご存知ですか?

売春行為を目的とした子供たちとその斡旋業者たち

集まってくるたくさんの観客たちを目当てに売春行為を目的とした子供たちと、その斡旋業者たちも開催地に集まってきます。

司法当局は、その犯罪行為に常に目をひからせています。特に少女たちには、注意を向けています。

"I'm Not Buying It!" (私は買わない)という標語を掲げ、 人々に子供たちにそのような行為をさせないことを呼びかけています。

マイアミでは約1万人の売春婦たちが集まった?!

2010年のスーパーボールの開催地であったマイアミでは、約1万人の売春婦(男女)がいたといわれています。その中には、子供たちや人身売買の被害者たち(human trafficking victims)も含まています。

毎年10万人の子供たちが売春の被害者に

そのような行為を安易に買う客がいるから、そのような業者や子供たちが増えていのであって、人々は性行為をお金で買うべきではないし、子供たちを性的な目的で買うべきではない。そしてそのような行為、業者たちに対して怒りを覚えるべきである。

もしも自分たちの子供たちがそのような世界に利用されていたとしたら?と考えるとみんな親として、とても腹が立つのではないだろうか。みんなでそんな行為を止めさせるべきなのである。

米国では最低でも10万人の子供たちが毎年売春の被害に遭っていると言われている。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら