みなさま、自分の持ち物を自分好みに改造したことはありますか?

わたくしは高校生の頃、バイクのヘルメットを自分好みに塗装したりした経験があります。

ツイッターユーザー「わたる(@wataman_style)さん」が、高校生の頃の出来事を綴ったツイートがなんとなく純に感じましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなツイートなの?

そのツイートは、北関東の高校生が流行に乗る為にしていたことが綴られ、その画像も添付されたものです。

◎ツイートと画像はこちら

わたくし的には、普通のママチャリよりはカッコいいと思いますし、恥ずかしいとも思えないのですけれどもね。
思春期真っただ中ですと、東京に同じようなチャリンコがなかったのがショックだったのでしょうか。

このツイートをきっかけにして、リプライに改造自転車が溢れかえりましたので、ご紹介させていただきます。

◎改造自転車自慢のリプライはこちら

手作り感がいいですね。

これは豪華ですね。

現役バリバリですね。

なぜマフラーが…

これは、シンプルでスマートですね。

◎ツイッターでの反応は

それは凄いですね。

乗ってたんですね。

鬼ハンはメジャーな呼称だと思います。

そうですかね。

わたくしが住む千葉も田舎ですが、このような自転車は見たことありません。

どうやら、北関東限定の流行だったようですね。
わたくしは中学校から千葉在住で活動エリアは千葉から東京にかけてですが、このような自転車は見たことがありませんでした。

◎そもそも改造自転車って違法ではないの?

道路交通法から抜粋してみました。

第二章の二 自転車に関する基準
(普通自転車の大きさ等)
第九条の二 法第六十三条の三の内閣府令で定める基準は、次の各号に掲げるとおりとする。
一 車体の大きさは、次に掲げる長さ及び幅を超えないこと。
 イ 長さ 百九十センチメートル
 ロ 幅 六十センチメートル
二 車体の構造は、次に掲げるものであること。
 イ 側車を付していないこと。
 ロ 一の運転者席以外の乗車装置(幼児用座席を除く。)を備えていないこと。
 ハ 制動装置が走行中容易に操作できる位置にあること。
 ニ 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。

出典 http://law.e-gov.go.jp

自転車の改造に関しては、それほど強い引き締めはないようですね。
強いて引っ掛かるとすれば、九条の二のニ 「歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突起物がないこと。」ですかね。

マフラーは駄目でしょうね(笑)

このような行いを色眼鏡で見る人もいるかも知れませんが、小中学生の時点でこのような創意工夫を行い、改造をしてしまうというのは凄いことのような気もします。

まぁ、あくまでも、法の定める範囲内で行うことが前提ですけどね。

とにもかくにも、操作性は著しく落ちると思われますので、現役の方は事故には十分注意してください。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら