思ってようにはいかない子供との生活。子供に対してイライラしてはいけないと思っているが今日も怒ってしまった……。

そんな子供への接し方で自分を責めてしまうことってありますよね。
今回は「イライラしてはいけない」と感じている頑張りすぎているママへ。
気持ちのコントロール方法をご紹介しますのでどうか読んでみてください♪

育児は気持ちの切り替えがポイント!

毎日の育児をしていて多くのママたちが「イライラしたくない」という思いがあるのでは?理由としてそのイライラを大切な子供にぶつけてしまうからではないでしょうか。

「イライラしないように」しようと頑張ってしまうママがとても多いのですが。。。
実はそれが自己嫌悪モードのスイッチになってしまうのです。

なぜなら、「イライラしないように」する代わりの行動が決まっていないからです。これでは、結局どうしたらいいかわからない。。。どうにもできないとまた自己嫌悪へ。

でも、そんな自分の気持ちに気がついて、気持ちをコントロールする力を身につけることができたとしたどうでしょうか?
育児中にイライラしたとしても、自分で気持ちを切り替えられれば安心です。なので子供に当たる必要もなくなります。

もしも、子供にイライラをぶつけるのを最低1日1回減らすことができたら、1ヶ月で約30回も減らすことができちゃいますよ。

子供の自己肯定感も大切にしながら、あなたの自己嫌悪も減らすことができる素敵な方法をこれからチャレンジしてみませんか?

ステップ①イライラのサインをキャッチしてみよう

「イライラしている自分」にどんな時に気が付きますか?

自分の感情の状態に気がつくことは、まさに自分の中の赤信号に気がつくという大切なこと。

この大切な赤信号に気が付かないと残念ながらイライラを止めることはできません。
ではどんな状態が赤信号なのかというと例えば次のようになります。

◎子供の悪いところばかりが目につく
◎いつも流せる子供の言動が、いちいち引っかかる
◎同じことをくどくど言っている
◎いつもは使わない程のひどい言葉を子供にあびせている
◎お腹のあたりがモヤモヤしてくる
◎心のなかで、文句がぐるぐると浮かぶ

イライラしている自分をどう認知するか、それはひとそれぞれです。
どれが正解でどれが不正解ということはありません。
ここで大切なポイントは、自分のイライラした状態の気持ちに気がつくということ。

そのためには、イライラした時の自分の体の感覚、言葉づかいなどを意識してみましょう。

ステップ②イライラしたときの為に具体的な行動を決めておく

もしものために、自分がイライラしてしまっていると気がついた時にする行動を決めていきます。

イライラしていると気がついた時に、すぐにそのイライラのブレーキを踏めるように準備してみましょう。

ポイントは、そのブレーキにあたる行動を、自分が落ち着いている時に決めておくということ。
そうすることで、いざという時に考えなくてもすぐに行動に移せます。

例えるならば。。。
◎1から10をゆっくり数える
◎その場に座る
◎朝食べたものを思い浮かべる

少し気分が変わるだけでも大丈夫です。内容は自分に合ったものを用意しておきましょう。

イライラしたとき子供との立ち位置はどこですか?

子供が悪さをしたから注意したのはいいけれど
子供の顔を見ていたらイライラがさらに倍増なんてありませんか?!
次から次へと言葉が出てきて、ひどいことを言ってしまった……。

そんなパターンは、子供との立ち位置を変えてみましょう。
子供の目を見て伝えることがいいのですが、イライラが止まらない時は逆効果。

子供と面と向かうと更にイライラしやすいので、こんな場合には子供の隣に座ってみましょう。
人と話をする時は真正面より、隣、もしくは斜向かいの方が相手との距離がうまくとれると言われています。

これを子育てに取り入れて、場所の持つ力を上手く活用してみましょう。
お子さんと同じ方向を見て伝えることで、倍増するイライラを防ぐことができます。

そのイライラの本当の原因は子供ですか?

子供はまだ小さいけれど立派な一人の人間。
ママの思い通りには動いてくれないのがあたりまえ。
なので「上手くいかない」「想像と違う」「思い通りにならない」にストレスを感じるのは自然なことです。
だからこそ、イライラと上手にお付き合いできるようになるのが、子育てを楽しむ秘訣とも言えるでしょう。

大人には大人の事情があります。
夫婦のこと、お金のこと、仕事の事、人間関係……。
そのイライラの引き金が子供だったとしても、根本は別のところに理由があるかも?!

大人の事情で悩みが、もしあなたのイライラの源だとしたら、解決できるように努めてみましょう。


最後まで見ていただきありがとうございました

その子育て今しか味わえないのですから
イライラを上手に乗り切って精一杯「子育てを楽しみませんか?」

こちらもおすすめです♪

この記事を書いたユーザー

みほみほ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら