「最近シミやそばかすなどの肌トラブルが増えてきた、年齢のせいかな?」なんて思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?これから夏に向かって特に紫外線が気になる季節になります。もちろんシミやそばかす・くすみの原因は直射日光(紫外線)によるものなのですが、しっかりとUVケアしているにもかかわらず、シミやそばかすが増えてきた。と、感じる方は食べ物が原因になっているかもしれません。

意外と知られていない「光毒性」とは?

光毒性とは光によって活性化し、肌に対してダメージを与える性質のことです。その性質をもった物質を「光毒性物質」といいます。

この光毒性物質である「ソラレン」が普段我々が食べているある食品にも含まれていることがわかっています。

つまりその「ソラレン」が含まれた食品を食べると紫外線によってシミやそばかすが作られてしまうリスクが高まるわけです。

知っておくべき「光毒性」のある食べ物とは?

香味野菜

大葉・セロリ・パセリなどの香味野菜に「ソラレン」が多く含まれていることがわかっています。


これから暑くなり食べる機会が増えると思いますので注意が必要です。

きゅうり

こちらもこれからの季節、食卓の常連となるきゅうりにも「ソラレン」が多く含まれています。

きゅうりは食べるだけではなくパックに直接肌につける場合もありますが、実は大変危険なことなのです。

柑橘類

食品の中でも特に多いとされているのが、レモンやグレープフルーツといった柑橘類です。

ビタミンCが豊富で美容にいいとされていますが、高毒性が強く、シミ・そばかす・くすみなどの肌トラブルのリスクを高めてしまいます。

美容と健康のために朝食に食べる人も多いと思いますが、あまりオススメ出来ません。

柑橘類以外の果物にも

さらに美容にいいとされているキウイやアセロラ・イチジクにも「ソラレン」が多く含まれます。

これは要注意!!

食べ物ではありませんが、日常的に使う人も多いアロマオイルは特に注意が必要です。

柑橘系のアロマオイルには特定の成分を抽出し、凝縮したものが含まれています。「ソラレン」も大量に含まれている可能性が高い為、肌に付着した状態での外出は控えるべきです。

この時期加湿器にアロマオイルを入れている人も多いかもしれませんが、柑橘系のものは避けるべきでしょう。

え?じゃあ食べちゃいけないの?と心配になってしまったかもしれませんが、賢く食べれば大丈夫です!

食べる時間帯を守れば問題なし!

ソラレンを含む食べ物は食後2時間程度で血液と供に体中に運ばれます。ですからこれから出かけようとしている朝食に食べるのは、最悪のタイミングだと言えるでしょう。

食べるなら紫外線の脅威がない夕方以降が最善のタイミングです。

高毒性があるものですが、美容にいい栄養も含まれている食品が多いです。賢く食べて肌を美しく保ちましょう!!

この記事も読まれています!

この記事を書いたユーザー

マスターお肉 このユーザーの他の記事を見る

頑張ります!

得意ジャンル
  • 話題
  • スポーツ
  • 動物
  • 社会問題
  • 育児
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら