どの国でも「表現の自由」について法律で守られていることが多いです。

米アップル(AAPL.O)は25日、銃乱射事件の容疑者が所持していた携帯電話のロック解除をめぐり同社に対する裁判所命令を取り消すよう求める申し立てを行った。

米連邦捜査局(FBI)は、カリフォルニア州サンバーナディーノで発生した銃乱射事件のサイード・ファルーク容疑者の「iPhone(アイフォーン)」のロック機能を解除するよう要請したが、アップルはセキュリティーの観点から拒んでいる。

アップルは裁判所に提出した文書で、「政府の要求はアップルに前例のない負担を課す」とした上で、憲法が保障する表現の自由にも反すると主張。この問題が特定のアイフォーンにとどまらないと訴えた。

出典 http://jp.reuters.com

しかし、中国では表現の自由を訴えたメディアの取材記事が削除されるなど、なかなか自分の意見や考えを表現することができないようになっています。

そんな中、中国のサブカル事情についての風刺漫画が話題になっています。中国政府(大きいパンダ)が国内のサブカルを発展させるという内容になっています。

各国のサブカルを楽しむパンダ(中国人)

出典 https://pbs.twimg.com

中国政府(大きなパンダ)がサブカル強化を訴える

出典 https://pbs.twimg.com

いざ、サブカルを普及させようと動き出すも・・・

出典 https://pbs.twimg.com

審査のせいで他国よりもつまらないものに

出典 https://pbs.twimg.com

漫画を見た人の声

その通り

日本もこうならないか不安

中国のポテンシャルを絶賛する

冷静に状況を判断したほうがいい

笑い事ではない

表現の自由を制約されるような条例も見受けられますが、みんなが楽しめる世の中になればいいですね。

あわせて読みたい記事♪

この記事を書いたユーザー

感動マニア このユーザーの他の記事を見る

思わず感動する画像や教訓を紹介しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス