55歳の山崎さんが、短大を首席で卒業し話題に

出典 http://www.nishinippon.co.jp

福岡市博多区の精華女子短大の社会人入学生で、生活総合ビジネス専攻2年の山崎徳子さん(55)=同区=が、首席の学生に任される卒業生総代に選ばれた。

「授業内容はすべて身につける」と、がむしゃらに学んだ努力が実を結び、履修した科目はすべて最高評価の「秀」という好成績。親子ほど年齢の離れた学生たちに「置いていかれまい」と奮闘した2年間で培った自信を胸に、18日の卒業式で再び社会へと巣立つ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

なんと、55歳の山崎さんが成績首席で卒業したと話題になりました。
勉強は若い子に負けないように一生懸命がんばったそうです。

成績は何と全て「秀」!

Licensed by gettyimages ®

しかも、成績は全て最高評点のオール秀だったことも話題になっています。
最初は戸惑いながらの勉強生活でしたが、徐々に成績が良くなるとやる気も出てきたそうです。

高校卒業から時間がたち「英語のスペルもあやふや」で、覚え直さねばならないことも次々と。

「単位を落とすかも…という不安が頭から離れなかった」山崎さんだが、それを振り払うため普段の小テストから全力投球。1年の成績がオール「秀」となり、「ますます勉強に欲が出た」という。

出典 http://www.nishinippon.co.jp

英語のスペルも、覚えなおしからのスタートだったそうです。

キッカケは息子の受験だった

山崎さんは3年前まで広島県で暮らしていたが、大学受験に失敗し、福岡の予備校への入学を希望した長男と一緒に、夫の単身赴任先だった博多区へ。再挑戦する長男を「同じ受験生の立場からサポートしたい」と自らも受験を決意した。

出典 http://www.nishinippon.co.jp

なんと、勉強をもう一度始めたいと思った思いは、受験に再挑戦する息子の立場を知るためだったそうです。

卒業時には、夫が「君を尊敬する」と一言

山崎さんの学生生活にほとんど関心を示してこなかった夫が「保護者として卒業式に出たい」と言ってきた。そして「君を尊敬する」とも。

出典 http://www.nishinippon.co.jp

懸命に勉強する姿に心を打たれた旦那さんは、「君を尊敬する」と声をかけたそうです。

Yahoo!コメントからは「凄い!」「尊敬出来る」「かわいいお母さん」と評価が凄い

良い話!可愛らしいお母さんじゃん。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

これは素直に凄い!
良いニュースです。
こちらも励まさられます。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

Yahoo!記事のコメントには、「凄い!」コメントが相次いでいます。

今後は、観光案内のボランティア活動にも興味を示す山崎さん。今後の活躍にも期待大!

また今後は短大で勉強した「観光サービス」の知識を活かして観光案内のボランティアに興味を持っている山崎さん。今後の活躍が期待されています。

いくつになっても挑戦することを忘れてはいけないという事を、もしかしたら山崎さんは私達に教えてくれたのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス