中国で、1組の「美しすぎる双子」が話題沸騰中らしい

南京芸術学院に在籍する姉のハー・シーイーと、成都学院に在籍する妹シーチーは、1994年生まれの双子。

彼女たちの2ショットを見ても、まったく瓜二つの美人だ。

子どもの頃は、両親にも見分けがつかなかったといい、ひとりが一日に2度風呂に入れられることもあったという。

出典 http://news.livedoor.com

中国で、双子の美人姉妹が可愛すぎると話題になっています。
下手なアイドルや女優よりもずっと可愛いとファンも急増中とか。
ついには、ファンクラブも設立してしまったそうです。

中国版Twitterでは、二人のアカウントに1週間ほどで10万人のフォロワーが誕生

2人の「微博」(中国版Twitter)アカウントには、その後、1週間ほどで10万人近くが新たにフォロワーとして加わった。さらに、有志によるファンクラブのアカウントも設立されている。

出典 http://www.excite.co.jp

また、たった一週間で10万人のフォロワーができるほどの人気ぶりだったとか・・・。

一人っ子政策の抜け道として、排卵誘発剤の服用などで双子が中国で急増しているらしい

「一人っ子政策の抜け道として、富裕層のカップルの間では、排卵誘発剤の服用など、医学的な方法を用いて双子を妊娠することが密かに流行してきました。

世界の統計では、双子の発生確率は、1,000回の分娩で4組前後といわれているところ、中国ではここ20年、その3~4倍の確率で双子が生まれているというデータもあります。

また山西省には、世帯数2,000ほどの地区で、200組もの双子が生まれて話題となりました。また、富裕層の母親は往々にして美人が多いため、生まれてくる双子も美人になる確率が高いのでは。同様に、イケメン双子も多数いるはずです」

出典 http://www.excite.co.jp

中国では、一人っ子政策の為に続けて妊娠することを禁じられています。しかし、双子の場合はOKになるので、排卵誘発剤などを服用して双子を妊娠しようとする親が多く誕生したそうです。

また、中国の山西省には美男美女の確率が凄く高いそうです。

一人っ子政策廃止により、これからの出産のあり方も変わっていくのかもしれない

中国政府は10月29日、1979年から実施してきた「一人っ子政策」の廃止を発表しました。中国共産党の中央委員会第5回全体会議(5中全会)が定める経済方針「第13次5カ年計画(2016~20年)」に盛り込まれ、来年3月の全国人民代表大会(全人代)で承認される見込みです。同政策が撤廃されれば、すべての夫婦に第2子の出産が認められるようになります。

出典 http://blogos.com

昨年の10月に、中国は一人っ子政策の廃止を決定しました。
これからは、排卵誘導材を使用しなくても安心して赤ちゃんを産める環境になっていくのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス