昨日(16.03.18)放送を終えたばかりの「わたしを離さないで」。その主役保科恭子を演じた綾瀬はるかさんが、今日(16.03.19)から放送の「精霊の守り人」では【短槍の女用心棒バルサ】として主演します。

1日で、役柄がガラリと変わってしまって、ちょっとビックリですね。
きっと撮影時期が違うので、本人は大丈夫なのでしょうけど、見ている方は昨日の余韻もあるので、「あれ?」って感じです(笑)。

でも、本格的なアクションは初めてなようですが、ものすごく決まっていました。
共演する東出昌宏さんも「アクションの先生から、綾瀬さんはヤバイと言われている」と
「『精霊の守り人』放送直前スペシャル~守り人レストランへようこそ~」で言っていました。

ちなみにバルサの少女期を演じるのが清原果耶さん。NHK朝のテレビ小説「あさが来た」で加野屋の女中で亀助の妻となったふゆ役で登場しています。

「わたしを離さないで」では保科恭子の少女期を鈴木梨央ちゃんがやっていますので、「あさが来た」に出演の美少女女優二人が、綾瀬さんの少女期つながりということですね(笑)。

守り人シリーズは上橋菜穂子さんが手掛けるファンタジー小説で、同じくNHKでアニメなどにもなっています。

シーズン1は今日から4話。
シーズン2は2017年1月から9話。
シーズン3は2018年1月から9話で放送されます。

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら