窓の外を眺めるのが好きで、窓があるとそこからどんな景色が見えるのかつい見てしまうんですが、意外だったり綺麗な風景が見えたりするとラッキーって思うんですよね。

同じ風景でも天気や時間帯で見え方が変わって色んな表情を見ることができますし。色々ある中で特に好きな景色は朝の景色です。しかも早朝でまだ街が起きていない時間帯。あの気だるい感じが好きなんですよね。

早朝に陽が当たってちょっと明るくなり始めた駐車場、後片付けしてる歓楽街を歩くとのかなんか良いです。この二つの場所が好きなのはきっと普段見ない一面を見ることができるからだと思います。それに私の知らない人たちの一日も始まるんだなって思うとなんだかワクワクするから。静かな体育館でバスケのドリブルの音だけ聞こえるとかも良いな。

そんな好きな早朝だから旅行に行くときとかそんな時間帯に出発したらもう最高の気分になれるんですよ。それで好きな曲流したりなんかして。もうちょっと暖かくなってきたら窓開けて風感じながらとかね。

こんなシチュエーションでルパン三世のアルバム流して走ったらどれだけ合うかって話ですよ。最初は「炎のたからもの」でそのあとにルパン三世のテーマにいきたいな。「ルパンルパーン」とか「ルパンザサー」っていう人いるけど、「ルパン・ザ・サード」っていってるんですよね。初めて知ったときちょっと意外だった。というかちょっと考えたらわかるんだろうけど・・・。ルパンの曲とともに北海道から九州まで旅行したいものです。人の心を盗むようなことがあったりなかったりするかもしれません。

この記事を書いたユーザー

hagi2016 このユーザーの他の記事を見る

気紛れゆえアップする日記に温度差があると思いますがそれは愛嬌として暖かい目で読んでもらえたら幸いです。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら