三菱重工の主要事業
「エネルギー・環境」「交通・輸送」「防衛・宇宙」「機械・設備システム」
*エネルギーには原子炉含む

三菱重工、防衛部門の内訳
「防衛・宇宙」の内訳は、艦艇、戦闘機、ヘリコプタ、防衛航空機、機体
部分品、防衛航空機用エンジン、誘導飛翔体、魚雷、宇宙機器、特殊車両等
の設計、製造、据付、販売及びサービス。

三菱重工の意外に小さい売上規模

平成25年度の売上3兆3496億円。思いの外、大したことない。
トヨタの売上25兆6919億円、パチンコ業界20兆円と比べると相当小さい。
だから原発1基3000~5000億円はうま味があるのかな。
PS.
というかパチンコ市場でかい。
強力な国民無力化装置。こっちも問題だ。

三菱重工の防衛省向け売上シェア

3兆3496億円の内、国内売上は1兆6984億円(51%)。その内防衛省向けは
3874億円。20%強。国内向けの対前年比109%に対し防衛省向けは126%の
伸び。

三菱重工の利益配分
売上3兆3496億円、売上原価2兆6959億円、売上総利益6537億円。
役員報酬及び給料手当1633億円。一般社員給与は一般管理費で別途。
どれだけ役員は報酬もらっているのだろう?
しかも前年比較300億円増額している。
会長、社長、取締役、監査役、執行役員合わせて、51人なのに・・・。

この記事を書いたユーザー

ミツグン このユーザーの他の記事を見る

「拝金主義に負けない人道主義」を目指しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス