昔、数学でサイコロの確率を算出したことはありませでしたか?

例えば、二回連続で同じ数が出る確率は1/36、3回連続で同じ数が出る確率は1/196となります。

もしも、10回連続であれば「60466176(約600万分の1)」そんなあり得ない確率でも、「簡単に6を出してしまうサイコロ」が話題になっています。

動画をご覧下さい

一見普通のサイコロですが・・・

中身が開いてこんなことに・・・

あまりにも予想外の動きに驚きの声が

欲しい

思っていたのと違う

賞賛する

心配する

批判する

1から6になるシーンが見たいと要望した人がいましたが、期待に応えていました。

1から6へ変える事も可能です

あわせて読みたい記事♪

この記事を書いたユーザー

感動マニア このユーザーの他の記事を見る

思わず感動する画像や教訓を紹介しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス