まだ日本のマスメディアでは報道されていないのですが、米国のニュース速報によるところ、2016年3月17日午後7時15分ごろ、ニューヨーク市マンハッタンのセントラルパークサウスのTrump Parc Eastコンドミニアムに住んでいるトランプ氏の息子のエリックさん宛に不審な郵便物が届いた模様。

危険物ではなかった

CBSニュースによるところ、郵便物の中からは粉状の物質が発見されたという。郵便物の消印はマサチューセッツとなっていた。発見された粉をニューヨーク市警察が調べたところ、危険なものではなかったという。エリックさんは父親のドナルド・トランプ氏の大統領指名選挙において、強力な支持者として応援している。エリックさんはトランプ氏の3人目の子供で32歳。

誰がなんの目的でこのような郵便物をエリックさんに送ってきたかは、捜査中であるとしている。

炭疽菌を連想させたかったのか?

とりあえず、何事もなくてよかったですね。私はトランプ氏に対して大統領代表戦には反対派なのですが、こういう卑劣な選挙妨害や脅迫などを行う人は許せません。

白い粉というのは、911同時多発テロ当時の炭疽菌のことを連想させるように計らったのだと思われます。卑劣ですね。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら