記事提供:コイスルカラダ

恋愛・SEX・女性のお悩みに関するコラムを日々お届けしている【コイスルカラダ】編集部です。

コイスルカラダに届いた悩める女性からの質問に、恋愛コンサルタントの沖田涼さんが回答する人気コーナー、『沖田涼の恋愛ブス救済所』
毒舌なのに時々見せる優しさにメロメロな女子続出です。

今日ご紹介するご相談はこちら!

ネットカフェで●●させる片思い中の彼

相談者:えりりんさん(神奈川県・22歳)

初めまして。
沖田先生、相談があります。

私は、1年と半年前から片思いしている一つ年下のA君がいます。
彼とは、他大と繋がれるサークルで知り合い、そこからラインをするようになり、ラインを始めてから1週間で飲みに行きました。

そこから私の片思いが始まりました。飲みに行った後、私が潰れかけてたので家まで送ってもらい、キスまではしました。その流れで、好きと言ってしまいました。ですが、彼は終電があると言って帰りました。

そしてその次の週にまた会うことにして、私の家に来てエッチしました。
その間もその後もずっとラインをしていました。
1週間、1ヶ月空けることもありましたが、基本ラインします。
でも、基本、ほとんど、私からです。会うといつも私は彼のためにオーラルセックスをします。ネカフェとか行って。
前は拒まなかったのに、最近では家に来ることを拒みます。でもエッチはしたいみたいです。

1度踏ん切りをつけて、君とは普通の関係でいるね、と伝えた上でお互いの恋愛観や異性についてなどそういう話をしていました。

そこで気になったのは、

[えりりんさんは大事な人]
[付き合っても、別れた後会えなくなるのが怖くて嫌だ]
[ えりりんさんは大事な人だから、そうなるのがこわい]

と言った言葉です。

それを知った上で、私はもう一度きちんと好きだと伝え、断られました。
今でもラインは続いてます。
今でも私は彼が好きです。
今度2人で温泉に行く約束をしてます。
ただ、飲みも家に来ることも、ネカフェに行くこともご飯に行くことも、周りの人には秘密ねと言われます。

私も諦めが悪い人なので、どうも割り切れません。多分、彼に彼女ができれば諦められるのかも知れません。

私は彼に対して、どのように考えておくべきでしょうか。
彼と付き合いたいとは思いますが、どうしていけば彼は安心して私と付き合ってくれるでしょうか。
そして、沖田先生が考える彼の性格などを教えてください。

宜しくお願い致します。

▼沖田涼の回答

恋は盲目って言うんですかね。
そこに付け込まれちゃって可哀想に。

一歩引いて見ればすぐ気付けるんだけど、どっぷり浸かりすぎて酷い“恋愛ブス”になってます。
一刻も早く救済したいところ。

ということで、目覚めさせてあげましょう。

彼にとっては今のところ100点

おめでとう。
彼から見て、えりりんさんは100点です。
完璧!パーフェクト!!

そう、パーフェクトなセフレです!笑

セックスしたい時にセックスして
ネカフェでもさせて
自分の言うこと素直に聞いて

もう、これ以上ないってくらいのセフレ。
セフレ界のカリスマ。
セフレの教祖様にでもなりたいのでしょうか(笑)

ただ、セフレとしては最高だけど恋人には絶対したくない。
だって面白みが全く無いから。

彼も「言うことホイホイ聞くマグロ女」くらいの感覚でいるのでしょう。
ふてくされたらまた上手いこと言いくるめれば良いか。みたいな。

単純に、なめられてるんですよえりりんさん。女として。

ここで目を覚まさなければ彼が飽きるまで一生セフレ。
こういう失敗から学んで大人の女性になるんだろうけど、早く気付いてこの無駄な時間を終わりにして欲しいと切に願います。

彼の性格は?

沖田が考える彼の性格を知りたいということですが、性格なんてわかりません(笑)
というか、彼は完全にえりりんさんをセフレとして見下して接してるからか、性格が読み取れるような情報がほとんどありませんでした。

彼、えりりんさんに自分を曝け出す気は毛頭ないのでしょう。
だって、ただのセフレだもの。
高性能な大人のおもちゃくらいの感覚です。
大人のおもちゃと心を通わそうだなんて思わないじゃん(笑)そういう事。

一つだけ言える確かなことは、えりりんさんを遊び道具としか思ってないクズ男です。
この関係が長くなると、そのうち金とか請求してくると思うよこのクズ(笑)

言葉の裏側を読みましょう

そうは言っても、彼の事を信じたいと思うよね?
彼をボロクソに言う沖田に殺意すら感じてるかもしれない。

でもね、真実だから目をそらしてはいけません。

きっと、えりりんさんが彼を疑わないのは彼の言葉のせい。
これは男でも女でも、どちらもあることだけど、表面上の言葉に騙されないでください。

「大事な人」
「別れた後会えなくなるのが怖くて嫌だ」
「大事な人だから、そうなるのがこわい」

この言葉だけ見ると、すごく大事にされてる感あるよね(笑)

しかし、現実はどうでしょうか?

付き合ってもないのにセックス
ネットカフェでもさせる
周りには2人のことは秘密

明らかに扱いが変でしょ。
言動の矛盾に気付いてください(笑)

これだけ明白なのに、好きな相手だからこそ見えなくなってしまう。
仕方のない事かもしれないけど悲しいね。

今度2人で温泉に行くってことですが、彼からしたら普段と違うシチュエーションでSEXしたいってだけでしょう。

そしてもう一つ。
これは沖田の予想。

えりりんさんの家に彼は行くけど、彼の家にえりりんさんは入れてもらえないのでは?
最悪、彼の家を知らないとか(笑)

もし沖田が、彼くらいのクズだったらそうだろうなぁ〜と考えました。
後々、家にホイホイ来られても邪魔だから一度も入れない。どうでしょう?

ま、それは良いとして。

彼が何でこんなに大事にしてるっぽい言葉を言うかわかりますか?
もしかして、本当にそうだと思い込んでましたか?

全部、自分の都合いいようにえりりんさんを扱うためですよ。
えりりんさんをコントロールするための呪文。

そこに感情なんて一切入ってません。
それは彼の行動で明らかだよね。

本当に大事な人なら、もうこの時点で付き合ってる。
本当に大事な人なら、ネカフェでさせるとかあり得ない。
本当に大事な人なら、周りにもちゃんと紹介する。

それをなぜしないのか?答えは簡単です。
大事な人ではないから。

大事な人じゃないのに、どうしてあんな言葉を言えるのか?
それも答えは簡単です。
言っとけば都合よく扱えると思われてるから。

周りには秘密ってことは、他にも女がいる可能性もあるわけじゃん。
本命の彼女にバレたらマズいから黙らせとくとか。

ちょっと考えればわかること。
言葉をそのまま鵜呑みにしないで、彼の行動と照らしあわせて考えてください。

よくアドバイスで言うんだけど、
「親友が今の自分と同じ状況だったら、何て言ってあげるか?」
自分の感情抜きで事実だけ並べて、もし親友がそんな状況になってた時にどうするのか考えてみてください。
これで「応援する」とか言ったら救いようがないけど(笑)

だけど、自分でも薄々気付いてるからこうやって相談くれたんだろうと沖田は信じます。

この状況から本命の彼女になるには?

そんなクズ男ですが、これでもまだ好きで付き合いたいという場合。
1回リセットしましょう。

完全に縁を切る。
もう二度と関わりたくないと伝える。
会わない、連絡しない、むしろ連絡先消す。
電話番号は拒否設定。
LINEはブロックしてから削除。

これで初めて、スタートラインに立てると思ってください。

もしここまでやって、彼がなんとかして繋がろうと頑張ってくれたなら、付き合える可能性あります。10%くらい。

それでも10%かよ!と思うかもしれない。
でも今って、0%じゃないですか。
10%になっただけでも万歳です。

で、連絡を完全シャットアウトしてから彼がアプローチしてくれるまでの間、だまって待ってないでください。
色々な男を見ましょう。
出会いの場に足を運びましょう。

そこで100%、彼みたいなクズを忘れられるくらいイイ男が見つかります。
とにかく彼以外に目を向けること。
さて、今回のアドバイスは彼のことが好きなえりりんさんにとっては、刺さる言葉が多かったことでしょう。
勘違いしてほしくないのですが、沖田だってそんなに言いたくないんだからね!笑

ど、このくらい強く言っとかないと抜け出せないと判断しました。
それ故のショック療法だと理解してください。

こうやって相談受けたからには、沖田も真剣にえりりんさんを救いたいんです。
大丈夫。まだまだこれからだから。

自分の幸せをもっと考えて、自分を大事にしてください。
では、今日もありがとうございました!沖田涼でした。

▼あわせて読みたい▼

コイスルカラダとは】
恋愛やSEXについてよく分からないまま大人になってしまった女性のための、恋愛・SEXウェブマガジン。
セフレを好きになってしまった、別れた彼をずっと引きずって次の恋愛に進めない、今更セックスのやり方を誰にも聞けない、恋愛したいのに出会いがない…
そんな、恋愛やセックス迷子の20~30代の女性をターゲットにし、最新情報をお届けするメディアです。

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス