学歴詐称などで騒動になっている、自称経営コンサルタントのショーンK氏(47歳)。
ビジネスネームは「ショーン・マクアードル川上」ということだが、本名は川上伸一郎ということが分かっている。

そして今日の「スッキリ!」(日本テレビ)の放送では、川上氏の出身地である熊本の高校の同級生という複数人にインタビュー。そこで驚きのことが分かった。

それは高校時代に、小さなウソを繰り返していて、あだ名が「ホラッチョ」や「うそつき」と呼ばれていたそうだ。
ホラッチョ」とは「ほら吹き(うそつき)」から派生したものらしい。

さらに別の人物は適当な人柄ということから、「おっぺけぺー川上」と呼ばれていたと証言している。

うーん、この時代からウソをついていたというのは衝撃的ですね。確信犯的な感じに思われてもしょうがありませんね。

さらに衝撃的なのは、整形疑惑も出ていますが、今とは声が違うということ。これは二人とも証言しているのでかなり信憑性は高いでしょう。

まあ、成長というのもあると思いますが…。魅力的といわれる声にまで詐称疑惑が出るなんて…。

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら