大都会のニューヨーク、大勢の人々でマンハッタンは毎日、溢れかえっています。

そこには、困っている人たちをさりげなく、そして当然のように、助けようとする気持ちがある人たちが、もしかしたら、多いのかも?と感じる光景を私は何度も見ています。

その日も、マンハッタンのペンステーションで発車待ちの電車の中に座って、階段を下りてくる人々をジッと眺めていたんですが、 結構、助け合っていたんですよ。

自然体で助け合う行動が身についている人たち

ストローラーで階段を降りようとした女性のとっても重いストローラーを一緒に抱えてあげた女性もいたし、大きな荷物を抱えた年配の女性の荷物を一緒に持ってあげてた男性もいたし。

皆、他人同志。階段を下りたところで、(ストローラー、荷物などを一緒に持ってた)その人たちは、まるで何もなかったように、別々の方向に歩いていきました。

重い物、大きい物を持っている女性がいたら、当然のごとく本当にさりげなく一緒に持ってあげて、そして何事もなかったように去って行く。

マンハッタンの電車駅では、階段は長く、エレベーターがどこにでもあるような作りにはなっていないので、こういう助け合いは不可欠なんです。ドアも開けて次の人のためにホールドするし、殆ど無表情なんですがそういうことを自然にできる人たちが、ニューヨークにはとても多いのです。その日もそんな光景を1日で何度も見かけました。

同じような大都会の東京ではどうですか?

私は、東京を知りませんが、同じような大都会でしかも人がたくさん行きかっているところはとても似ていると思います。それでは、東京でもこのような光景をよく見かけるのでしょうか?

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら