① 他篇既述  
 ◎ 龍蔵、日本まさりの理解者は中国?

龍蔵に対し
日本の理解を遥かに超えた
中国学界・国・政府の理解がすごい!

鳥居龍蔵をとことん勉強し理解しとる!

イデオロギーと関係なく
その理解は
非常に客観的で
論理整然であります。

いわば、
どんな時代背景があったろうが、
鳥居龍蔵は「純学者」であり、

敢えて学閥の定説に
反する見解を打ち出し
現場調査で確認した客観事実
をもって自説を証明する。

このため、
龍蔵が日本で
不公正な扱いも受けた、と。

ここまでも
龍蔵のことを、
いわば、「知り尽くしている」には
実に、感動し、驚きだ!

拍手・喝采だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

他篇、
上野誠大先生いわくの
「右顧左眄」の日本学界では

なかなか、
このような歯切れのよい、
すっきりした思い切った表現は
見られまい!

中国の評価に見られるのは
その広々とした大地の
数千年の歴史・教養では?

長年前、
文革テロを一掃した中国

各面において軌道に乗せ
客観性・合理性に徹しようとする
中国学界のあり方もご立派です。

・・・・・・・・・・・

② 中米共通  
  ◎ 中米の共通認識    
    「純学者 鳥居龍蔵」

大変面白いことに
中国の、鳥居龍蔵への評価は

太平洋戦争直前
軍部推薦「国粋派学者」を
全員拒否し

「純学者」として
龍蔵を指名スカウトした
アメリカ とはぴったし 
一致してしている。

・・・・・・・・・・・・

米・中 両大国は
二次大戦・日中戦争の
最大被害国としながらも

「打ち合わせた」わけもなく
しかし
「純学者鳥居龍蔵」 
という共通認識を持つ。

・・・・・・・・・・・・・・

③ 日本「学界テロ」のゆくえ

「中国文革テロ思潮」で
育った日本「学界テロ」

今となって
完全に「捨て子」「日本残留孤児」
になってしまい

それでもなお、
「捨て子」になった事実を隠し
龍蔵顕彰など諸記念活動を
かく乱しようとする。

今回 「防弾チョッキー講師」件は
正にその実例であります。

「閉鎖的な」日本学界、
彼らは「最後の」もがきをし、
生き残ろうとするであろう。
警戒しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・

④ 「顕彰」のゆくえ

「貶しの顕彰」は
「顕彰」ではなく、「貶し」である! 

これを 肝に銘じるべし! 

学界テロと「志願心中」
したいものは 
すぐ顕彰事業から 
「降板」すべし!

・・・・・・・・・・・・・・・ 

徳島県が 県を上げて 
「オンリーワン、ナンバーワン」の 
鳥居龍蔵 を顕彰し、 
継承することを目ざすが 

しかし、
その前提は 
認識レベルを 
海外陣の「共通認識」レベルに 
レベルアップしないと 
ムリであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米・中・スペイン など
「まともな 海外陣」 の
持つ共通認識 レベルに

達してはじめて、
日本における龍蔵顕彰が
「まともな顕彰」になれます。

それまで
顕彰は海外陣まかせ 
しかないのでは?!

それまで
龍蔵にはふるさと に
帰郷する必要はないのでは?!

真の理解者が
海外である以上

これまで同様
海外こそが
鳥居龍蔵の
真のふるさと では?!

真の理解がないところは
ふるさと ではあるまい!!!

・・・・・・・・・・・・・・

⑤ これまで同様  
「世界の龍蔵」 であれ!

そもそも龍蔵は、
生涯の大部分を
海外調査に費やし、
海外には真の理解者が多い

だから海外は、 
龍蔵の
日本まさりのふるさとかも?

理解のある 
ふるさと のほうが
より 快適なふるさと であるのは
いうまでもありません!

・・・・・・・・・・・・・・・

鳥居龍蔵同様、
ノーベル賞などの
日本人学者の多くが
海外を「ふるさと」に
選んだことからも

スケールの大きすぎる異才
に対し

日本学界には
「受容能力」はないことが
立証されます。

上野誠先生が
ご指摘とおり
ちまちました
右顧左眄の環境であるから。

・・・・・・・・・

龍蔵、
永遠に

「世界の龍蔵」 であれ!

世界こそ
龍蔵の 真の ふるさと でありましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたユーザー

ホタル このユーザーの他の記事を見る

なんでも?新鮮!ちょっとのことでわくわく喜びます。気持ちは子供の時と一緒!だから、毎日が楽しい!
道端の花草を見ても感動し、野良ちゃんたちに会うと挨拶を交わす。したことのない仕事にも飛びつき、楽しむ!もっともっと広い世界に出会ってゆきたい!どうぞお力を貸してくださいませ!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス