3年連続の値上げ

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のチケット価格の改定が発表されました。3年連続の値上げになります。
大人のワンデーパスポートが6,900円から7,400円に、大人の2パーク年間パスポートが86,000円から93,000円に上がります。

二つの「駆け込み混雑」が発生

昨年も値上げがあり、年度末に二つの駆け込み混雑が発生しました。
それは、
(1) ワンデーチケット値上げ前の入園者増
(2) 年間パスポート更新の為のチケットセンター利用者増
です。

値上げのタイミングが4月1日からでしたので、例えば学校の春休み期間でも3月のうちに入園したほうが安くすむ為、3月末に向けて混雑しました。

もうひとつは、イクスピアリの中にある「東京ディズニーリゾート・チケットセンター」の年間パスポート発行待ちの混雑です。昨年は120分待ちくらいの列になっていました。

駆け込み混雑の回避策は?

まず、ワンデーチケットが安いうちに入園したい人向けの対策です。
3月に入園すると混雑しているので、3月に行くのは避けつつ3月までの料金で入園できればよいのです。
それは、前売りチケットを購入するのです。3月31日迄に購入しておけば、値上がり前の料金で済みます。入園時に差額を請求される事はありません。

次に、年間パスポートを安い料金のうちに並ばずに購入したい人向けの対策です。
それは、東京ディズニーシーの団体チケットブースで年間パスポートの引換券を購入します。但し、引換券は有効期間が6ヶ月しかありませんので、4月1日から9月30日に新規作成するか更新する人向けです。
私も5月に期限がくる年間パスポートでしたので、3月に引換券を買いました。東京ディズニーシーの団体チケットブースは、列どころか人っ子一人居ません。
東京ディズニーリゾート・チケットセンターの混雑がなくなった時期に、年間パスポートを作成しに行けばよいのです。

つまり最初に年間パスポートを作成するなら4月~9月がお勧めです

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のパスポートの値上げは3年連続ですが、2017年4月に消費税が10%にアップするのが決定されていますので、4年連続の値上げが濃厚と予想するのが普通の考え方です。

つまり、東京ディズニーリゾート・チケットセンターの混雑は来年も発生しそうです。
混雑を避ける引換券の購入は前述の通りですが、例えば年間パスポートの更新が3月の人は本券を作成するためにどうしても東京ディズニーリゾート・チケットセンターにならばなければいけません。また、値上げが発表された年は毎年混雑しているところに並ぶことになります。

ですから、ここまでの内容を総合すると、年間パスポートを新規作成する場合は4月~9月の期間に作成するのがお勧めとなります。
この期間に新規作成すると、4月1日からの値上げが発表された時に値上げ前に引換券を買っても有効期間内に更新できますし(10月以降では引換券の有効期間が切れる)、東京ディズニーリゾート・チケットセンターが混んでいる時期に更新で並ぶことも無いのです。

大学進学や新社会人で上京した人はぜひ4月~9月に

この春、大学進学や就職で東京近郊に引っ越してくる人も多いかと思います。
舞浜が近くなったら年間パスポートで通いまくりたいという人もいるでしょう。
そういったディズニー好きの人達は、3月ちゅうに引換券を購入し、4月になったら本券を新規作成しましょう。そうすると、2年目からの更新で苦労が減ります。

この記事を書いたユーザー

カイトマン このユーザーの他の記事を見る

ディズニーシーのカイトのファンで、ミシカの頃に撮影を始めました。
今は、年パスで毎週インしています。

権利侵害申告はこちら