めざせ大阪キタのシンボル!

大阪のシンボルといえば?という問いに対する答えといえば「道頓堀のグリコ」や「かに道楽のおっきいカニ」、「食いだおれ太郎」。

でもこれは全て大阪ミナミ存在します。
大阪ミナミといえば吉本新喜劇の「なんばグランド花月」があったり、アイドルグループNMB48の劇場があったり、所狭しとたこ焼き屋さんが並んでいたりと濃い大阪エリアという感じですが、オフィスビルなども多い大阪キタはミナミよりも大人しめな街並み。梅田や北新地など、オシャレで高級感のあるお店が多かったりします。

そんな大阪キタの新たなシンボルになりそうなアイツが顔を見せました。
それはダイキンのCMでお馴染み「ぴちょんくん」。

「大ぴちょんくん」の姿は早くも話題となっているようです。

元祖癒し系キャラ!ぴちょんくんの可愛すぎるプロフィール

ぴちょんくんはダイキンのCMに出ることをお仕事としているそうです。冬は「うるおい」と呼ばれてチヤホヤされるのに、夏は「湿気」と呼ばれて嫌われちゃうなんてエピソードが微笑ましいです。

詳しいプロフィールはダイキンのHPでご覧になってください。

じわり、じわりと話題を呼んでいる

大ぴちょんくんに秘められた機能

この大ぴちょんくん、なんとLEDが埋め込まれていて、色が変化します。
気温・湿度・花粉さらにはPM2.5のデータを集約してその日の”空気質”を9色の顔色で表してくれます。

出典 http://pichonkun.jp

上に行くほど気温が高く、右に行くほど湿度が高い時のぴちょんくんの顔色

ぴちょんくんは大阪キタのシンボルになれるか

梅田のど真ん中にそびえ立つ大ぴちょんくん、こんなおもしろ写真を撮るのが流行りそうですね。大阪の2大看板「グリコ」と「かに道楽」の仲間入りができる日も近いかも!?


この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら