「ダメな私に恋してください」最終話で登場した鯉田さんのポエムがネット上で話題になっています。

物語は、歩(ディーン・フジオカ)のところに、おばあちゃんから宅急便が届きます。
ケガをしていたが、元気になったのケーキを焼いたということでした。

そこで明かされたのが、今は常連客・鯉田和夫(小野武彦)さんと一緒に暮らしているという衝撃の事実でした。

歩のおばあちゃんはかつて喫茶「ひまわり」のオーナー。その時代から鯉田さんは常連客として通っており、ある時、見せにかかってきた電話を受け取った鯉田さんがおばあちゃんがケガをしたと知り、駆けつけていたのでした。

鯉田さんが出てこなくなったので、どうしたのかと思ったらそんなことになっていたんですね。
そしてケーキと一緒に入れられていたのが、ポエムの書かれた色紙。
そこにはこう書かれてありました。

独りで生きてこれたから、
二人で生きていけるんだ。
寄りかからず、
寄り添うものが愛だから
    かずを

独りで生きる強さが、愛を引き寄せるんですね。
失恋は人生の栄養ということですよね。

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら