アベノミクスで少し景気が回復したとは言え、庶民の生活が楽になったかというとそこまで楽になっていないのが現状です。そんな不景気な現在において浪費家の男性と結婚して大変な目にという話もいろいろな場所で聞かれると思います。

かと言って、デートに言った男がケチすぎて引いたなんて真逆の意見もあるわけですが…。実はドケチと本当の節約家は別物なのです。

何でも割り勘ドケチ男子とは?

さて、まずはドケチ男子についてお話させていただきます。どういった人をドケチ男子と言うかというと…。例えば2人でご飯を食べに行った時に、会計が6512円だったとします。普通は、割り勘する場合でも細かいとめんどくさいし3000円でいいよなんてスマートに支払ってしまうのですが…。

ドケチ男子の場合3256円と1円単位まで割り勘してしまうのです。せめて3200円くらいまでにしてくれと思う女性も多いようです。男性同士でも同じような事をする為、次から呼ばれないなんて事もあるようです。特に先輩にいると男性も困ってしまいますよね…。先輩が言っている手前まさか自分が多めに出すわけに行きませんから…。

このドケチ男子、中には200円の駐車場代金を割り勘にしようとしたや鯉の餌代100円の割り勘などを求める人も結構いるようです。大体の場合は女性がめんどくさくなり数百円程度なら出すと言う事になってしまうようです。

結婚を考えるとドケチは嫌だけど浪費家も困る…。

先ほどのドケチ男子も困るけど、浪費家というのも困るものです。特に結婚や子育てを考えると浪費家過ぎると貯金もできませんし、下手をすれば生活すら成り立たない場合もありますよね…。

保険にもまともに入っていないし、場合によっては国民年金や厚生年金といった最低限の年金すらも納めていないという強者もいるのが浪費家です。家計にお金を入れてくれず、好き放題に豪遊されたのでは離婚を考えざる得ない…。なんて事にもなりかねませんよね…。

結婚や彼氏にするならベストは程よい節約家…。

いくら貯金が合っても全く使わず、ドケチ人生を送りたくないという女性の方が多いと思います。かといって貯金?なにそれ使え使え、お金は天下の回り物なんて発想の浪費家男子も嫌がられるのが現実です。

では、どうすればいいのか?それは程よい節約家がいいのです。必要なものにはしっかりお金を使うし、貯金もしているけど、無駄遣いはしないそんな人が結婚相手としても、交際相手としてもベストですよね。

さて、ドケチと節約家の違いとはなんなのでしょうか?

必要な物まで削るのがドケチ、不要な物を削るのが節約家?

大きな違いは回りを不快にするかどうかというところです。ドケチは必要なものさえも削ってしまいます。それに対して節約家は不要な物を削るのです。

今後の事を考えると払っておかないと困るだろうと言う物を削ってしまうのがドケチ男子です。ちなみに浪費家の人も割りとここは支払わないという人も多いので実は似ているのかもしれません…。


ドケチ男子と節約家の見分け方は?

そうは言っても、浪費家と節約家、ドケチ男子の違いはわかるけれども、節約家とドケチ男子ってどうやって見分ければいいかわからないという方も多いのではないでしょうか…?

一番わかりやすのは未来への投資です。保険など万が一の備えもそうですし、自分のスキルアップなどにお金をかけているかなどをさり気なく聞いてみるとドケチ男子なのか節約家なのかがわかると思います。

節約家であれば、自分への投資はしっかりしますし、将来、自分が困らないように今節約しているので未来への投資もしっかりやります。

とは言っても中々聞きづらいですよね…。そんな時には、支払いの時にお金に細かいかどうかを見てみるとわかりやすいです。デートなどの時に節約家の人であれば、不要な物を頼まない買わないという具合なので、支払いの時に細かく分けたり出し渋ったりという事は少ないのです。

なので先ほど言ったような1円単位で分けるなんて行動にでるのは大体の場合、ドケチ男子なのです。特に意中の女性とデートなんて時は節約家であれば、支払う方が今後に繋がりますし、間違っても、1円単位で割り勘なんて事にはならないのです。

言うまでもなく程よい節約家は好かれるし、ドケチ男子は嫌われる。

言うまでもありませんが、程良い節約家は、今度の人生を共にする上で非常に暮らしやすいですので好かれます。一方でドケチ男子は非常に、細かくお金を使う事を規制されますので一緒にいて窮屈になってしまいますし、女性ならではの出費にもうるさく口を出される事もあります。

女性の友人に聞いた話によると、生理用品を節約しろと言われた事があるようです。百均のハンカチをナプキンの代わりに使えばいいだろと言われてドン引きしたとその女性は言っていました。男性の私が聞いてもドン引きするレベルですから言われた女性としてはかなり悲しく怒りを覚えたと思います。

そんな悲しい思いをしないためにも、ドケチ男子と節約家をしっかりと見分ける事が重要なのです。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら