う●こに集るハエ。

こんな記事を目にしました。

― 記事抜粋 ―
東京都杉並区の田中裕太郎区議(40)がインターネットの自身のブログに、「保育園落ちた日本死ね」とつづった匿名ブログについて「便所の落書き」と書き込んでいたことが16日、分かった。田中区議は「事情はどうあれ、『日本死ね』なんて暴言は許されない」と話している。
 田中区議は13日、ブログに「震災犠牲者に恥じない日本を」と題した文章を掲載。「『日本死ね』などと書き込む不心得者や、そんな便所の落書きをおだてる愚かなマスコミ、便所の落書きにいちいち振り回される愚かな政治家があとをたちません」などと書いた。


たいそう立派なご意見を述べられる区議さんですねぇ。
よほど日本のことを考えておられるみたいです。

しかし、この記事を見た時、私が率直に感じた感想は、
「日本死ねが便所の落書きなら、的外れの批判は、う●この周りを飛んでいるハエみたいなものだねぇ。」

この区議のようなお偉い政治家様が、隅々まで行き届く政治を行い、有効な策を講じていれば、このような落書きは書かれなかったんじゃないでしょうか。
誰もが暮らしやすい素晴らしい日本になっていないから、こんな落書き書かれそれが騒ぎなっているんじゃないでしょうか?
自分は部外者ズラで、自分の無能さを棚に上げて、正論を述べた人を上から目線で非難しているその立派なお姿は、まさに政治家の鏡のようです。
このような方が日本を語っているところに一番笑えるツボがあるようです。

この記事を書いたユーザー

rubbish-JPN このユーザーの他の記事を見る

社会の片隅で、日々の暮らしの中、生きるための目的を探し、そして、残り少ない時間をどう過せばいいのかを模索しながら今日に至った人間です。果たして私は何が残せるのか?
別に残せなくても、それもまたよし。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら