ここんとこ、ニュースで盛んに取り上げられていますね。

 大東亜戦争時、旧日本軍によって拉致されたり、強制的に連行され、性奴隷にされたと。だから、日本は謝れ、罪を認めろ、未来永劫忘れるな、金をよこせ......

 ウソ八百ですよね。全部、虚言妄言です。

 かくいう私も、大学に進むまでは、そういう教育を受けてきたこともあり、従軍慰安婦の話を信じていました。日本軍はなんてひどいんだ!とね。

 ですが、自分で色々考えて、資料を読み解くうちに、あれれ?と疑問符がついてきたわけです。

 そもそも、強制連行があったなんて資料、戦後70年、日韓のどこを探しても見つかりません。

 強制連行があったとされる唯一の証拠だというのが、元慰安婦達の証言だそうですが、そんなものに、信憑性はありませんし、裏付けのない証言など無意味ですね。

 「ある日、日本軍の兵士がウチにやって来て、「いい女がいる」と言った」

 元慰安婦の証言ですが、これ自体が矛盾だらけ。

 元慰安婦は朝鮮人。なんで日本語が解ったんですかね?笑

 答えは一つ。やって来たのは、日本軍ではなく、同じ朝鮮人の業者だったからでしょう。

 こんなことすら理解出来ない人達が、悲しいかな日本人にもたくさんいます。

 こんな感じで、従軍慰安婦に関する矛盾を書いていきます。

 よろしくお願いいたします笑

この記事を書いたユーザー

ヤン このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 育児
  • テレビ
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら