惜しい!ちょっと違う!

舌やくちびるの動きの未発達や聞く力がまだついていないせいかと思われますが、
チビッコはかなりの頻度で言い間違いをやらかします。
十数年前、うちの息子も言い間違えまくってました。

で、
そんな中でも非常に惜しい間違いを集めてみました。


● ピアニカ ⇒ ぴにあか(惜しいな。まあまあ似てる)

● エレベーター ⇒ えべれーたー(くぅぅ!惜しい!惜しすぎる!)

● ミニカー ⇒ みにいか(それじゃあ小さいイカだよ)

● チョコレート ⇒ こちょれーと(なぜかくすぐったい感じがするな)

● コーラ ⇒ こあら(それは飲んじゃダメ)

● すみれ ⇒ スルメ(なぜか突然酒の肴が出現したな)

● 二段ベッド ⇒ にだんべんとう(食べちゃダメ!寝るとこだから)



どれもこれも惜しい間違いですね。
間違ってるんですが、本人はいたって真面目に喋ってたりするから
大人にとっては余計に面白いんですけどね。


恩を仇で返すつもりか!

息子が4歳の時のバレンタインデーにチョコレートをあげました。
あ、その時息子は
「こちょれーと、ありがとう」
と、もちろん言いましたよ。

そしてお礼の言葉の後に息子が言ったセリフ、これもしっかり間違えがありました。


「今度バレンタインの仕返しするからな」


仕返し…。
せっかくチョコレートをプレゼントしたのに、仕返し。
うちの子は恩を仇で返すような人間なのか、と衝撃を受けました。


そして一か月後のホワイトデー当日。

私が一番好きなスイーツ、チーズケーキを手渡されました。
とても美味しい仕返しをされました。

仲間入り…したくない!

こんな言い間違いもありました。


時期はやはり同じく4歳の頃。
8月のとある一日、息子が私に尋ねました。

「おかあさん、明日どっかお出かけするの?」

マザーズバッグを出して何やら詰め込む私の姿を見て「あ、明日はお出かけ?」と判断しての質問だったようです。
そう。ちょうどお盆の時期だったので、翌日お墓参りに行くつもりでバッグを用意していたんです。

「うん。明日お出かけするよ」
「どこにお出かけするの?」

決して楽しいお出かけではないけど、ま、そういう時期だから仕方ない。
私はお出かけ先を息子に伝えました。

「明日はみんなでお墓参りするんだよ」

すると、お墓参りの意味のわからない息子は「みんなでお出かけ」ということにテンションが上がったのでしょう。とても嬉しそうにこう言いました。



「やったあ!明日はみんなで『おかまはいり』だあ!」



おかまはいりって、なんかイヤだな。
家族揃ってオカマの仲間入りするみたいじゃない?

オカマさん、おネエの皆様を否定するつもりはありませんが、
家族全員おかまはいりってのはどうなんでしょう。



翌日、誰ひとり仲間入りすることなく、
無事にお墓参りに行きました。

子どもってビックリ箱みたい。
毎日何が飛び出してくるのかまったく予測が尽きません。

うちの息子はもう成人してしまいましたので、さすがにビックリ箱的発言や行動はありませんが、
現役子育てママの皆さんは毎日ビックリ箱を存分に楽しんでくださいね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら