そろそろ桜の開花を迎えますね。

この三連休にも開花するのでは?と、言われています。桜のほのかなやわらかい香り、たまらなく癒されます。

このほのかな桜の香り、まいにちの食卓に取り入れて癒されてみませんか?

今日はおやつをメインに桜フレーバーを楽しめるレシピをご紹介します。

レシピ1:桜のアイスクリーム

■材料

カップアイス(バニラ)--1個
桜の花の塩漬け--小さじ1/2くらい
飾り用の桜の花の塩漬け--2個

■作り方

-下準備-
・桜の花の塩漬けは、塩を流してから1~2時間ほど水につけておきます。
・アイスクリームは直前まで冷凍庫に入れておきます。

1)桜の花は塩気が取れたら、花びらとくきに分けます。(今回は花びらだけを使います)

2)水分をよく切った桜の花びらを、すり鉢に入れてよく練ります。最初は叩くように・・・グリグリ~っとよく混ぜます!面倒ですが、粒が細かいほうが色もきれいで、香りもバランスよく広がります!

3)ある程度ピューレ状になってきたところで、ティースプーンいっぱい程のアイスクリームをすり鉢に入れて混ぜます。

4)ボールにアイスクリームを移し、すった桜の花を混ぜて色がムラなく混ざったら器にのせて、飾りのお花をあしらったら完成です。しっかり冷凍庫で固まらせてから召し上がれ。

■ワンポイント!

涼しい季節でも、アイスは意外に溶けやすいです。アイスを混ぜるときに使うボールは、冷凍庫で冷やしておくと溶けにくいかも!

レシピ2:桜のかき揚げ

■材料

桜の葉(具)--5枚
桜の葉(飾り)--2枚
にんじん--1/2本
玉ねぎ--少1個
片栗粉--大さじ3
小麦粉--大さじ3
たまご--1個
ベーキングパウダー--小さじ1/2
揚げ油--適量
水--大さじ1

■作り方

-下準備-
・桜の葉と人参はせん切りに、玉ねぎは半分に切った後に薄切りにします。

1)ボウルに水、片栗粉、小麦粉、たまご、ベーキングパウダーを入れてしっかりと混ぜます。ダマにならないようにしっかりと混ぜて下さい。

2)桜の葉、人参、玉ねぎをばらしながら加えてしっかりと衣とあわせます。

3)熱した油に、スプーンですくって落とし入れ、カラッと揚げたら完成です。

4)盛り付ける際、桜の葉を下にひき、その上に揚げたてのかき揚げを盛り付けるとさらに香りが良く仕上がります。

レシピ3:さくらのお饅頭

■材料(16個分)

薄力粉--100グラム
砂糖--50グラム
水--大さじ1 1/2
重曹--小さじ1/2
卵黄--1個
こしあん--380グラムくらい
桜の花の塩漬け--16個
桜の葉の塩漬け--2~3枚

■作り方

-下準備-
・桜の花の塩漬け・桜の葉の塩漬けは、それぞれ数時間水につけて塩を抜いておきます。
 塩加減はお好みで・・・・
・塩抜きした桜の葉は、大きなスジ?を取ってからみじん切りにして、あんこと混ぜておきます。
・重曹は少量のお水(分量外)で溶いておきます。

1)耐熱容器に水と砂糖を入れて、お砂糖が完全に溶けるまでレンジでチンします。お砂糖が溶けたら、茶漉しなどでこしておきます。(水分があまり減りすぎたら、少しだけ足して調整して下さい。)

2)①に卵黄と、水で溶いた重曹を加え混ぜます。

3)②に振るった薄力粉をいれて、ゴムベラなどで混ぜます。かなりゆるくべたべたな生地になりますが、大丈夫です!

4)台に打ち粉をして、16等分したあんこに生地をくるんでいきます。

5)生地を16等分して、丸めたあんこにかぶせてうすく伸ばしていきます。上から下に・・・伸ばしていくように・・・生地がゆるくて扱いにくい場合には、薄力粉を足してください。

6)桜のお花をのせて、蒸し器で10分蒸したら完成です。

■ワンポイント!

個人個人のお好みもありますが、生地はあまり厚くならないように頑張ってうすめに伸ばしたほうがおいしいです。

レシピ4:さくらフレーバーのワッフル

いかがでしたか?

桜の香りは今だけのお楽しみ!
ぜひぜひご自宅でもお楽しみください。

この記事を書いたユーザー

ちるちる このユーザーの他の記事を見る

おうちごはんやレシピをブログで更新しています。

ameba GGの「教えてあげたいわたしの毎日ごはん マイごはん」のレシピマイスターとして
木曜日にレシピを連載中です。


どうぞよろしくお願いします。



ブログ名:おいしい時間
URL: http://ameblo.jp/oisii-jikan

権利侵害申告はこちら