初めてのホワイトデーをおぼえていますか?

初めてのホワイトデーは私は小学2年生の時でした。

そう、初めてのホワイトデーということは、バレンタインデーに初めて男の子にチョコをあげたんです。

今思い返すと、その男の子が好きというより友達とちょっと背伸びして、バレンタインデーに参加したい気持ちが強かった気がします。

初めてのバレンタインに言われた店員のお姉さんの言葉!

小学2年の私は、バレンタインに友達と一緒にチョコを買いに行きました。
今みたいにバレンタインコーナーなんてなくて、普通のチョコを選びました。

すると、高校生ぐらいのお姉さんの店員さんがラッピングをしながら、私たちに
「思いが届くといいよね」
という言葉をかけてくれたことを今もよくおぼえています。

幼心に、きっとお姉さんもバレンタインにチョコを渡すんだろうなって思った記憶があります。

お母さんにも手伝ってもらい・・・

チョコをあげる前に、お母さんが初めてのバレンタインの私に折り紙でハートを作ってくれました。

それをお姉さんがラッピングしてくれたチョコに添えました。

初めてのホワイトデー!男の子は自宅まで来たけど。

ピンポーン!
ホワイトデーの当日その男の子が私の家へやってきました。
あまりに恥ずかしくて、居留守を使い男の子が帰った後にそっと扉を開けると。

父の使っていたバイクのカゴにホワイトデーのお返しが入っていました!

初めてのホワイトデーのキャンディーを・・・

当時は今のように、お菓子を渡すのではなくお返しはキャンディーの時代。

色とりどりのキャンディーが入っていました。
私は、その時とっても嬉しくてたまらなかったです。
そのキャンディーが入った袋をとうとう開けることができなかったぐらいです。

本当はキャンディーを口に入れた方が良かったのだろうけど。
キャンディーを見ているだけで、とっても嬉しい気持ちになれました。

初めてのホワイトデーはステキな思い出として私の中に残っています。
初めてのバレンタインデーは、店員さんのお姉さんやお母さんに手伝ってもらった優しい記憶が残っています。

子どもでも、すてきな日が過ごせるってステキだと感じました。
大切な思い出です。

明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス