競馬では昔から、日本人騎手より、外国人騎手のほうが実力があると言われています。
そのこともあり、日本人騎手より外国人騎手から馬券を買えとも言われているくらいです。
本当に外国人騎手から馬券を買えば間違いないのか、実際に色々な観点から検証してみました。
今回検証する外国人騎手は2015年にJRAの騎手免許を取得した、ミルコ・デムーロ騎手とクリストフ・ルメール騎手となります。

年間勝利数

出典 http://www.jra.go.jp

まずは年間勝利数から検証してみましょう。
2015年のリーディングはデムーロ騎手が3位、ルメール騎手が4位となっています。
これだけだとそんなんでもないかもしれない?と思うかもしれませんが、
デムーロ騎手、ルメール騎手ともにJRAの騎手免許を取得したのが2月となるため、実際のレースに騎乗できたのは3月からとなるため、日本人騎手より2ヶ月ハンデある状態での勝利数となります。
10ヶ月分の勝利数でで12ヶ月分騎乗していたとして計算してみるとデムーロ騎手が141勝ルメール騎手が131勝リーディング1,2位を独占してしまうことになります。

ちなみに、2016年(3月13日現在)では、ルメール騎手が43勝、デムーロ騎手が39勝でリーディング1、2位を独占しております。

勝率

出典 http://www.jra.go.jp

続いては勝率に関して検証してみましょう。
勝率は漢字のままで、実際にレースに騎乗して、その騎手が優勝する確率となります。
こちらは全ての馬券に絡む確率となります。
デムーロ騎手とルメール騎手の勝率は0.185、0.195となっており、大体5回に1回は買っているという計算となります。
他の騎手が0.130〜0.165ほどのなんので、この2人が他の日本人騎手より勝率がいいことがわかるかと思います。

連対率

出典 http://www.jra.go.jp

続いては連対率を検証してみましょう。
連対率は実際にレースに騎乗して、その騎手が1着か2着になる確率となります。
デムーロ騎手とルメール騎手の勝率は0.327、0.353となっており、大体3回に1回は2着以内にはいっている計算となります。
他の騎手が0.250〜0.316ほどのなんので、この2人が他の日本人騎手より連対率がいいことがわかるかと思います。

3着内率

出典 http://www.jra.go.jp

続いては連対率を検証してみましょう。
3着内率は実際にレースに騎乗して、その騎手が1着〜3着になる確率となります。
デムーロ騎手とルメール騎手の勝率は0.419、0.475となっており、大体2回に1回は3着以内にはいっている計算となります。
他の騎手が0.376〜0.341ほどのなんので、この2人が他の日本人騎手より連対率がいいことがわかるかと思います。

もしも外国人騎手の馬券を1年間買い続けたらどうなるのか?

最後にもしも2015年の1年間に外国人騎手のみ馬券を買い続けたら、儲かるかどうか調べてみました。
今回は検証結果がわかりやすくなるように、単勝馬券(1着を当てる馬券)と複勝(1〜3着に入ることを当てる馬券)について検証してみましょう。

出典ぼんごれいたー

さて、上の表を見もらうと一目瞭然ですが、デムーロ騎手の単勝馬券(1回100円)を1年間買い続けた場合、年間で4,920円の儲けとなります。
10,000円買い続ければ492,000円円の儲けとなります。
他の騎手は軒並みマイナスとなるのにもかかわらず、デムーロ騎手だけ突出したあたいとなります。

いかがだったでしょうか?
競走馬のレベルは年々上がり、世界で勝つことも珍しくなくなってきていますが、
日本人騎手と海外騎手との差はまだまだあるように思います。(徐々に縮まってきているとは思いますが)
今回は騎手に注目して色々見てきました、競馬は色々な見方ができるので、みなさんも色々な視点で見てみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ぼんごれいたー このユーザーの他の記事を見る

ただのうまです。
適当な馬ネタやいろいろな情報を適当に配信していきます。
ざ・てきとうですよ
https://bongore0805.amebaownd.com/

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • スポーツ
  • インターネット
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス