お洒落女子が毎シーズン頭を悩ませるのが「サンダル」。その履き始めの時期が、結果としてコーデ全体への悩みへと影響してしまいます。

そんな悩める女子の皆さんに向けて、気になる調査データをご紹介したいと思います!

①気象庁が発表!サンダル履き始めは「15℃」!

気象庁が日本アパレル・ファッション産業協会と共同でおこなった調査によると、気温の変化とサンダルの販売データとの間に関連性があるとのこと。

それによると、例年サンダルが売れ始めるのは気温が15℃を超える時期で、だいたい4月半ばにあたります。寒い冬を越えて春の暖かさが感じられるこのシーズンに、ファッションに敏感な人たちはサンダルを履き始めているようです!

この時期になると、お店でのサンダルの売れ行きがよくなるのだとか。すなわち、街中の女性たちがだんだんと足元ファッションを衣替えしているということ。

②肌寒さも問題なし!春コート×サンダル!

平均15℃とはいえ、朝や夕方はやはりまだまだ寒い!そんな気温変化にも対応できる、春コートとサンダルのコーデが人気です!

「森ガール」に代表されるようなファッションでもこの組み合わせが見られ、近年徐々に人気を呼んでいます。

③足元も安心!ソックス×サンダル!

足元の露出が気になる方は、こんなコーデも試してみてはどうですか?気温変化への対応はもちろん、これまでなかなか見られなかった、ソックスの上からサンダルを履いちゃう「オリジナリティ」もアピールできるかも!

さて、冬の寒さも徐々に去って行く時期。一足先に、この春のサンダルコーデを考えてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

nora このユーザーの他の記事を見る

Relentless optimist / サードウェーブに乗り切れずアジアを無計画に彷徨った社会学徒。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 広告
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら