ベビースイミングに行きたい!という思っている方がこの記事を読んでくださってる?と思いますが、その中で実際に自分が一緒に入るとなると「水着になるのはちょっと・・・」と敬遠している方いますか?

他の親の水着姿をジロジロと見ている親は殆どいません!
極端な話し「すごい水着だな~」と驚かれるような水着を着ない限り注目されることはないでしょう。

他人は自分が思うほど自分を見ていないと思って、
他人の目は一切気にせずバンバン水着になってください!
みんな自分の子供の事で必死なのでほかの親の水着姿なんてどうでもいいです。(笑)


ベビースイミングの利点と欠点

利点
・親と子供のスキンシップが密になる
・プールの中なのでスマホもいじれないしテレビも見れないので子供だけに集中します。
・子供に向きあう時間もゲームをしたりスマホをいじってしまう親に特におすすめの環境
「旦那がテレビばかり見て・・・」と困っている奥様!
旦那さんをベビースイミングに参加させましょう。
・水の刺激で子供も親も抵抗力がつく。風邪をひきにくい体つくりに役立つ。
・子供が水を極端に怖がらない。(スイミングを始める前に水が怖いと感じている場合は除く)

欠点
・水質によっては皮膚病になってしまうケースがある(二次感染など)
・プール後に温まりが十分でなく風邪をひく。
・プール後の温まりが原因で皮膚トラブルを起こす場合がある。
注→筆者の娘はプール後のお風呂でしっかりと温まる事で皮膚のかゆみが発生し 掻きむしが頻発。治る前に次のプールと繰り返して悪化しました。
温まることで皮膚がかゆくなり湿疹が出たりする子は要注意です。


上記は筆者の経験上での利点と欠点です。すべての人に当てはまるわけではありません。

筆者宅の3番目はベビースイミングから一人で入る用事クラスに移行して約一年です。
ベビーの頃は親と一緒なので甘えがでてしまいダラダラしたりわがまま言ったりしていました。
しかし、一人で入るようになると先生の言う事をちゃんと聞いて頑張って参加できるようになりました。

もしベビーの時点で泣いてわめいて参加しなくても、一人だと頑張れるようになる場合もありますので 親があきらめない 姿勢で取り組んでみてください。

親と一緒の間はわがままを繰り返す子もいます、全く問題がない子も勿論います。
その点は個人差がかなり大きいので周りの子や兄弟姉妹と比較しないことも大事です。

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら