ぽつぽつと目立ってしまう毛穴はメイクの大敵。

そして今回そうした毛穴をきれいにカバーし、普段のメイクを何倍もきれいに見せられるようなただしいベースメイクのポイントを紹介します。

顔の毛の多くは下から上に向かい生えていますが、この仕組みを理解することがうまく行くメイクのポイント。

そしてファンデーションを塗るとき角スポンジを使ってこれをつかってみることで、小鼻や脇や眉間の細かい毛穴にもしっかりスポンジが入って、ファンデーションがフィットしますから、いいでしょう。

また、このときファンデーションの伸びをよくしていくためスポンジに水を少しふくませてみることが大事です。

誰もが知らないとっておきの方法で美容に磨きをかけてください。

そして、ファンデーションを塗っていくとき毛は下から上に向かい生えている法則を思い出してください。

そしてファンデーションは下から上に向かい軽く叩き込み、毛穴を目立たなくしていくためにパウダーは必須アイテムで、細かい粒子のパウダーは肌になじみが良くて、均一感あるきめ細かな肌を作ってくれて、大きめブラシをつかってみれば、肌へのタッチが柔らかくてパウダーが乗りやすいです。

そして、綺麗なベースメイク作りのためスキンケアも重要。

化粧水をたくさん含ませた潤いがある肌がベースにあることで、より毛穴が目立たなくベースメイクも生えてきます。

化粧水はたくさん使い、コットンでパッティングするとき毛穴を意識し下から上に手を動かし浸透させましょう。

こうした心がけを習慣にすれば、きっと綺麗肌をキープすることが可能だと思います。

手荒れ対策のポイントには

だけでも実はかなり汚れは落ちて着ますが、石鹸は外出から帰った時などで、それ以外はさっと洗ってみるだけで問題はないです。

そしてあらった後柔らかくて清潔な乾いたタオルを利用していくといいですが、手の全体を優しくつつんでいくように水分をしっかりふきとっていきましょう。

そして、手を洗ってみると保湿成分が失われてしまいますが、洗ったらすぐ手にハンドク
リームをつけてみるといったことを忘れないように習慣にしていけばいいです。

そして脂分が多いようなハンドクリームのべたつきが気になってくるとき、ローション系などやさらっとしたクリームタイプをつかってみればいいです。

そしてハンドクリームを使った方法として手の甲にクリームをたっぷりとって、両手の公を重ね少しずつクリームを延ばし、手のひらで親指側から小指側へクリームをはじませていきます。

そして指の1本づつ丁寧に伸ばしていき、爪の周りを押します。

そして乾燥しやすい指の股も忘れないでください。

そして、親指と人差し指の間を気持ちいい強さで押していきます。

また、食器洗いなど水仕事を工夫して見ると手荒れを防ぐことが可能ですが、食器洗いは、桶などに水を張り数滴洗剤を入れて、その中に汚れた食器を漬け置きしておきます。

そしてそのあとで洗剤が入らないようなタイプのスポンジで軽く洗ってみてさっと水で洗い流してみればいいでしょう。

そのあと洗剤が入らないタイプのスポンジでさっと洗って水で流していきましょう。

手は毎日つかいますから、すぐに荒れてしまいますが、こうした工夫をすると綺麗な手をキープできて満足します。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら