大人のときは乾燥肌は老化による肌の水分量や皮脂の減少でそれによる乾燥、子供の時は皮脂腺のみ発達による乾燥が多くあります。

そして、肌の乾燥に対し、外側に保湿クリームを塗っていくといったこと以外に、内側からケアしていくことが必要となります。

そして、内側からケアの方法としてこまめな水分補給とサプリメントの保湿が大事です。

そして、洗顔をしていくとき熱いお湯で洗顔して見ると、必用な皮脂を落としてしまったりししますから、ぬるい湯で洗ってみましょう。

その後保湿性が高いクリームなどを使って、最後にアミノ酸などを摂取してみれば内側と外からのケアが完了できます。

そして馬油は人の肌の脂にとても近くて、浸透力と保湿力が高くていいでしょう。

そして、これは余談なのですが、肌が乾燥してかゆみが出てくれば、ついかくことになって、かゆみを抑えていくといったことがとても大事です。

そして放置してしまえば湿疹が出てきます。 ひどければすぐにでも皮膚科に行ってください。

そして、皮脂は毛穴付近にある皮脂腺がから分泌される油であり、これが表皮を薄く覆って、肌を外からの刺激から守ってくれます。

そして、皮膚にある水分を外に逃がさないような効果があります。

黄ぐすみは真皮層のたんぱく質が黄褐色に変色することで、肌が黄色くくすんだように見えてくるのですが、どうしてたんぱく質が黄褐色に変色してしまうのかといえば、その原因は糖化であり、真皮にあるたんぱく質が糖質とくっついて糖化していくことで、黄褐色の老化物質が生み出されて、それによって肌が黄色くくすみます。

そして、この現象自体20代から始まっていますが、肌の黄色を自覚していけるようになるには、ある程度糖化がすすんでからの30~40代です。

そして年齢とともに、だんだん糖化された老化物質が蓄積されて、ある程度蓄積されたことでやっと実感していけるレベルになります。

こうしたことで肌を気にする方たちがとても多いですね。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら