これから商社、船会社、貿易で輸出入事業で働こうとしている方、個人で輸出入ビジネスをしてみたいと思っている方は、必ず目にするのがF.0.BとC&F。

輸出入事業に携わるとき知っておきたい用語について紹介。

これらはすべて輸出入の契約形態ことを察し、貿易取引に利用されている代表的貿易提携取引条件というものがあって、それをまとめた国際規則がインコタームズで、この中で実際使われているトレード・タームズがこのF.O.BとC&F。

まず輸出入契約に当たり大切な3つのお金があって、Cはコストのこと。

Fはフレート船や飛行機で荷物を運ぶときかかる運賃。

Iはインシュアランスで船、飛行機で運ぶ荷物への保険代金。

FOBについて

これは、本船引き渡し条件の略で、(Free on Board)こっちの荷物を船や飛行機に乗せてから輸出側の責任はないという商品代の未契約のことを意味します。

輸出側は商品wのそれぞれ船積み原価(C)で販売し、買取手が本船を含む運賃(F)と保険(I)を手配。

つまり船積港で本船へ積み込みで、取引されることに。

そして、具体的な輸出側の責任はクレーンでそのコンテナを吊り上げ、船の上の入るまで。

例えば船の上に荷物があるとき、仮にワイヤーが切れ船に落ちて商品がダメになっても輸出側の責任はありません。

ですが、クレーンで荷物を釣り上げた瞬間海や陸におちたら、輸出側の責任に。

C&F C&Fは運賃込み本船引き渡し条件の略で、(Cost and Freight)の略で、商品代(c)と輸入地までの荷物運賃(F)を合算した値段で売るという契約。

そしてこの場合には保険料は輸入側が負担に。

CIF

これ以外にCIFといったトレードタームズもあり、これは商品代、保険金、輸入地までの貨物運賃をすべて含めた額で契約すること。

そして、上記3つの契約のときでも船に詰まれた時点で貨物の所有権は輸出側から輸入側に代わります。

これらトレードタームズは価格設定の種類で使われてることも多く、 FOB価格は商品代のみの値段(C) C&F価格は商品代+貨物運賃を合わせた値段(C+F) CIF価格は商品代+貨物運賃+保険料を合わせた値段(C+F+I) 輸出入に携わるなら、覚えておきましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス