銀行決済サービスはいろいろな物があり、自動振り替え、支払い、入金など。その中でよく使われている自動口座振替についてです。

私が使っている金融機関は信用金庫で、自動口座振替はほかの金融機関でも利用できるサービス。

自動口座振替はあらかじめ取引先に申し込みをすると、指定した口座から毎月決済日に金額が自動引き落としされるサービスで、手数料無料。

ですが、自動口座振替なら、取引先が限られて、カード会社や生命保険の代金を振替するとき、その金融機関と取引がないと引き落としできないです。

あらかじめ確認が必要。

税金から光熱費、生命保険などいろいろ決済サービスを利用していて、一番口座振替したいと思ったのは新聞代。

毎月集金に来て、その時お金を用意しないと行けなくて面倒。その為口座振替サービスを利用しました。

引き落としがしたい取引先に電話尾をし、口座振替用紙を送ってもらい、そのときかならず指定口座のある金融機関名をいい、取引があるか確認をしてください。

送られた用紙に必要事項を入れて、送付すると翌月から口座振替が始まるのです。

利用で必要になってくるものは、引き落とし可能額がある口座開設 口座印鑑・口座振替の申し込み用紙・生命保険などなら、証書番号が記された用紙 総合口座を自動振り替え先に指定することがコツで、振り替え予定額の合計額の120%近くの額を定期預金で作って、それと普通預金をセットにし、総合口座にすることです。

総合口座は定期預金90%まで貸し出しをしてくれます。

万一入金忘れをしても、自動でマイナスとして銀行がお金を貸して、自動口座振替はされます。

クレジットカードのときは一回でも支払いが遅れると問題に。

安全のため総合口座を利用することがいいでしょう。

自動口座振替は金融機関にとって嬉しいサービス。

給与振込口座になるケースが高いためで。公共料金など自動口座振替を申し込めばいろいろサービスが受けられる金融機関も。

そのあたりを確認し申し込めばお得感が出るでしょう。

支払遅れがあれば、ペナルティーが課せられてしまう取引も結構あり、そうしたことを考えて、どういったペナルティーか確認をしましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら